土壌の酸度矯正によるタンカンの異常落葉防止

タイトル 土壌の酸度矯正によるタンカンの異常落葉防止
担当機関 鹿児島果樹試
研究課題名
研究期間 2001~2005
研究担当者
発行年度 2005
要約 タンカンの異常落葉は葉中のマンガン含量が高まるために起こり、土壌の酸度矯正で防止できる。
キーワード タンカン、異常落葉、マンガン含量、酸度矯正
背景・ねらい カラタチ台「垂水1号」において春葉の先端部に褐色斑点を生じ、異常落葉する障害が問題になっている。そこで、その発生の実態と対策について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 異常落葉発生園の葉中のマンガン含量は健全園に比べて高い。(表1)
  2. 酸度矯正により葉中のマンガン含量が低下し、異常落葉の発生もみられない(表2)。
  3. 葉中のマンガン含量は年間を通じて大きく変動しないので、夏季に春葉の分析で、異常落葉を予測できる(データ略)。
  4. 土壌pHと葉中マンガン含量の間には負の相関があり(図1)、異常落葉発生園では、1~2月に土壌pH6.0を目標に苦土石灰等の土壌改良資材を施用する。
成果の活用面・留意点
  1. 苦土石灰等の土壌改良資材の施用に当たっては、土壌診断値に基づいて施用量を決定し、施用量が多い場合は1回の施用量を少なくし2~3年をめどに改善する。
  2. マンガンを含有する農薬の5~6月の散布は葉中のマンガン含量を高めるので控える(データ略)。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013318
カテゴリ たんかん 土壌改良 土壌診断 農薬

この記事は