カンキツ「不知火」における土壌水分が果実品質に与える影響

タイトル カンキツ「不知火」における土壌水分が果実品質に与える影響
担当機関 大分農林水産研果樹
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者
発行年度 2005
要約 「不知火」は満開後90日以降では、早い時期に土壌乾燥するほど果実品質へ与える影響は大きく、より高糖・高酸となる。高品質果実生産のためには、品質へ影響を及ぼす夏季の土壌乾燥を避け、秋季以降に乾燥させるような水管理を行う。
背景・ねらい 中晩生カンキツ「不知火」は、糖度が高い反面クエン酸含量も高く、栽培地域や園地によっては酸高が問題となり出荷時期の遅れ等、経営に影響を及ぼすことがある。そこで、期間中の土壌水分が果実品質に与える影響を明らかにし、高品質果実生産のための土壌水分管理技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 土壌水分含量は、無かん水により5~10%まで乾燥し、かん水期間中は20~30%であった(図1)。
  2. 果実肥大は土壌乾燥により抑制され、かん水再開により回復する。土壌乾燥時期が早いほど肥大に及ぼす影響は小さい。果実発育後期に土壌が乾燥すると果実肥大は抑制される(データ略)。
  3. 収穫果実の階級割合は継続かん水区に次いで、乾燥時期の早い区ほど大玉果の割合が高くなる。後期の乾燥ほど果実肥大へ影響を及ぼす(図2)。
  4. 土壌乾燥により高糖高酸になるが、乾燥時期が早いほど果実品質に及ぼす影響は大きい(図3、図4)。
  5. 果実発育早期にクエン酸含量が高いと、その後かん水を実施しても減酸は困難である(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 「不知火」の加温栽培、露地栽培の水管理方法に活用できる。
  2. 露地栽培では、気温が低下してからの減酸はあまり期待できない。果実生育前期に土壌が乾燥しないように土壌水分管理を行い、クエン酸含量を低く抑えておく必要がある。
  3. 本試験成績は、屋根かけ栽培された「不知火」での結果である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013315
カテゴリ 乾燥 管理技術 経営管理 出荷調整 水管理 その他のかんきつ

この記事は