哺乳子牛および育成牛における粗飼料への酵素添加の有効性

タイトル 哺乳子牛および育成牛における粗飼料への酵素添加の有効性
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者
発行年度 2005
要約 哺乳子牛の第一胃内容液を用いたin vitro法において、ペクチナーゼ・キシラナーゼ複合酵素添加により、ケンタッキーブルーグラス乾草の消化率が向上する傾向にある。また、育成牛の第一胃内容液を用いた場合、ペクチナーゼ・キシラナーゼ複合酵素を添加すると、in vitro消化率が改善され揮発性脂肪酸の産生量が増加する。
キーワード 酵素、哺乳子牛、育成牛、in vitro、消化率、揮発性脂肪酸
背景・ねらい 育成牛の発育には粗飼料の質が大きく影響する。一般に、細胞壁構成成分が少なく、細胞内容物が多い粗飼料が良質粗飼料と言われ、粗飼料中のタンパク質および栄養成分が重要視されている。
粗飼料の消化率を高める酵素を添加し、繊維成分中の栄養素の利用率を向上させれば育成牛の発育促進が期待される。しかし、泌乳牛においては酵素添加の影響が報告され始めたものの、哺乳子牛および育成牛での酵素の添加効果について報告は無い。
そこで、本試験において、哺乳子牛および育成牛の第一胃内容液を用いたin vitro法を行うとともに、第四胃以降における消化を想定した塩酸・ペプシン液によるin vitro法を行い、酵素添加の有効性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 哺乳子牛の第一胃内容液を用いたin vitro法において、各種酵素を添加すると、無添加に比べてケンタッキーブルーグラス乾草の乾物およびNDF消化率が向上する傾向にある。ペクチナーゼ・キシラナーゼ複合酵素が最も効果的であり、対照区と比べ、乾物で2.1%、NDFで3.2%の消化率が改善される(表1)。
  2. 塩酸・ペプシン液培養時は、各種酵素を添加しても無添加に比べてケンタッキーブルーグラス乾草の消化率の改善効果は少ないものの、NDF消化率ではプロテアーゼ・セルラーゼ複合酵素添加が有効である(表2)。
  3. 育成牛の第一胃内容液を用いた場合、ペクチナーゼ・キシラナーゼ複合酵素を添加すると、in vitro消化率が改善され、揮発性脂肪酸の産生量が増加する(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 育成牛において、飼料へ添加する酵素を選定する際の参考となる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013300
カテゴリ さやいんげん 乳牛

この記事は