久住地域の採草地における晩生イタリアンライグラスの追播による生産性向上

タイトル 久住地域の採草地における晩生イタリアンライグラスの追播による生産性向上
担当機関 大分農林水産研畜産
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者
発行年度 2005
要約 野生化したイタリアンライグラスが優占し、収量が減少している採草地に長期利用型(晩生)イタリアンライグラスを3kg/10a追播することにより、播種翌年の1番草の乾物収量が既存草地と比較して122~309kg/10a増加し、増収効果が期待できる。
キーワード 採草地、晩生イタリアンライグラス、追播
背景・ねらい 県下の採草地においてイタリアンライグラスの優占が多くみられるようになった。イタリアンライグラスは1番刈では多収で良質な乾草が収穫できるものの、2番刈以降においては枯死し雑草が侵入しやすく、収量の減少や品質低下がみられる。
そこで、既存のイタリアンライグラスより耐暑性が高い長期利用型(晩生)イタリアンライグラス等の導入による生産性の向上、雑草抑制について検討し、採草地の植生の変化と収量性について明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. イタリアンライグラス優占草地の3番草刈取り後に長期利用型イタリアンライグラスをロータリによる耕耘・散播・鎮圧による簡易更新により、翌年(2003年)の2番草及び3番草においては大きな増収効果、雑草抑制効果は見られないが、既存のイタリアンライグラスは抑制され、1番草の乾物収量は122~309kg/10a増加する。(表1、表2及び表3)
  2. 長期利用型イタリアンライグラス追播2年目(2004年)の1番草においては、気象条件等により既存草地の収量が高く、追播区との大きな差はなかったが、2番草では播種量が3kg/10aの追播区において、既存草地と比較して乾物収量が21~85kg/10a増加する。(表3)
  3. 長期利用型イタリアンライグラスの播種量は10a当たり3kgと6kg播種とを比較して、播種翌年の収量は3kg播種でも大幅な減収は見られず、2年目の1番草及び2、3番草の収量は高い傾向にあることから、長期利用型イタリアンライグラスの播種量は10a当たり3kgが適当である。(表3)
成果の活用面・留意点
  1. イタリアンライグラスが優占している永年草地の生産性向上に活用できる。
  2. 追播時期については既存の実生イタリアンライグラスの発芽後に耕起するように留意する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013285
カテゴリ イタリアンライグラス 雑草 耐暑性 播種

この記事は