畳表の黒変色茎発生に及ぼす品種および施肥条件の影響

タイトル 畳表の黒変色茎発生に及ぼす品種および施肥条件の影響
担当機関 熊本農研セ
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者
発行年度 2005
要約 畳表筵面に発生する黒変色茎の主な原因は、部分変色茎と考えられ、イグサ栽培において追肥を基準より10日早く開始した場合に、より多く発生し、部分変色茎の少ない「ひのみどり」は、黒変色茎が少ない。
背景・ねらい 一部の畳表において、退色が進むと畳表に筋状の黒変色茎が現れ、これが畳表の品位を損なう原因となっている。しかし、その発生要因については解明されていない。そこで、高品質畳表生産を目的として、黒変色茎の発生原因及び畳表の黒変色茎発生に及ぼす品種、施肥条件の影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 部分変色が発生している茎の中央部は、部分変色が発生していない茎と比較して、退色後茶褐色~黒褐色となる。また先枯れは、退色後、先枯長以上の長さの黒変色となり、莚面に混入する。(表1、図1)
  2. 出芽時期が早い茎(古い茎)は、出芽時期が遅い茎(新しい茎)より、先枯れが長く、部分変色茎の割合が多いため、退色後、黒変色茎になる割合が高い。また、「ひのみどり」より「岡山3号」の方が部分変色茎の割合が高く、長いイグサにおいてその傾向は顕著である。(図2)
  3. 退色後に発生する黒変色茎は、原草長さ105~120cm及び120cm以上において、「ひのみどり」より「岡山3号」の方が、また標準追肥より早期追肥(標準追肥より10日早く追肥を開始)で栽培した場合に有意に多い。窒素施肥量、乾燥温度条件においては、有意差は認められない。(図3)
  4. 上記3の理由は、黒変色茎の原因と考えられる部分変色茎の割合が、「ひのみどり」より「岡山3号」の方が高く、また標準追肥より10日早く追肥を開始した場合、部分変色茎の割合が高い早期出芽茎(古い茎)が伸長するためと考えられる。(図2、図3)
成果の活用面・留意点
  1. 畳表の黒変色茎の発生防止のための栽培加工技術に活用する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013233
カテゴリ いぐさ 加工 乾燥 施肥 品種

この記事は