性フェロモントラップによるウワバ類の誘殺消長

タイトル 性フェロモントラップによるウワバ類の誘殺消長
担当機関 鹿児島県農業試験場
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者
発行年度 2004
要約 性フェロモントラップへのウワバ類の誘殺数は、イラクサギンウワバがタマナギンウワバに比べて多く、イラクサギンウワバの誘殺ピークは年間5~6回認められる。
キーワード イラクサギンウワバ、タマナギンウワバ、性フェロモントラップ
背景・ねらい イラクサギンウワバは日本では以前から分布しているが、農業害虫として認識されたことがほとんどない。ところが、本種は2000年に鹿児島県、兵庫県のキャベツ圃場で加害が確認されて以来、全国各地のアブラナ科、ナス科、オクラ、ニンジン圃場などで認められている。
そこで、本研究では、イラクサギンウワバの発生状況を明らかにするために、イラクサギンウワバとタマナギンウワバのそれぞれの性フェロモントラップを用い、鹿児島県薩摩半島における両種の誘殺状況を調査した。
成果の内容・特徴
  1. イラクサギンウワバおよびタマナギンウワバ雄成虫の性フェロモントラップによる誘殺数は、いずれでもイラクサギンウワバがタマナギンウワバに比べて多い(表1)。
  2. 性フェロモントラップへのイラクサギンウワバの誘殺ピークは指宿市、鹿児島市のいずれでも年間5~6回認められる(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. イラクサギンウワバの防除の基礎資料として利用できる。
  2. 圃場での発生状況についての調査も今後必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013182
カテゴリ あぶらな オクラ 害虫 キャベツ 性フェロモン なす にんじん 防除

この記事は