ナシ炭疽病(葉炭疽病)に対する有効薬剤と耐雨性

タイトル ナシ炭疽病(葉炭疽病)に対する有効薬剤と耐雨性
担当機関 佐賀果樹試
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者
発行年度 2004
要約 ナシ炭疽病に対してジチアノン、アゾキシストロビン、フルアジナム、クレソキシムメチル、キャプタン・ベノミルの5剤が有効である。なお、ジチアノン、アゾキシストロビンの2剤については他の3剤に比べて耐雨性の点で特に優れる。効率的防除のためには、6~9月に、耐雨性、安全使用基準、経費を考慮した防除が必要である。
キーワード ナシ、炭疽病、殺菌剤、耐雨性
背景・ねらい ナシ‘豊水’、‘新高’の早期落葉を引き起こすナシ炭疽病(葉炭疽病)に対する効率的な防除法を確立するために、有効薬剤を選抜するとともに、有効薬剤の耐雨性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. ジチアノン(商品名:デランフロアブル)、アゾキシストロビン(商品名:アミスタ-10フロアブル)、フルアジナム(商品名:フロンサイドSC)、クレソキシムメチル(商品名:ストロビードライフロアブル)、キャプタン・ベノミル(商品名:キャプレート水和剤)の5剤は炭疽病(葉炭疽病)に対して有効である(罹病性品種‘豊水’を用いた接種試験で得られた結果であり、実験法の詳細については下記論文を参照)。
  2. 上記5剤のうち、ジチアノン、アゾキシストロビンの2剤が耐雨性に優れる(図1)。これら2剤は3か年を通して行った圃場試験でも良好な結果が得られている(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. ナシ炭疽病の防除時期は黒星病や輪紋病と同時期の6~9月で、上記の5剤はいずれの薬剤もこれらの病害に既登録である。よって、黒星病や輪紋病の防除の際に、これら薬剤を耐雨性、安全使用基準、経費を考慮しながら用いることで、炭疽病の発生は抑えられ、殺菌剤の使用回数を最小限に抑えることができる(表2)。なお、2004年12月時点で炭疽病に対して適用があるのはジチアノンとクレソキシムメチルの2剤である。
  2. ‘豊水’の収穫直後は低コストで耐雨性が高いジチアノンを使用する。ただし、‘新高’等の晩生品種が植栽されていたり、晩生品種への飛散が懸念される場合はクレソキシムメチル等で対応する(表2)。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013164
カテゴリ 黒星病 炭疽病 低コスト 品種 防除 薬剤

この記事は