ZYMV弱毒株2002による宮崎県における露地キュウリモザイク病防除

タイトル ZYMV弱毒株2002による宮崎県における露地キュウリモザイク病防除
担当機関 宮崎総農試
研究課題名
研究期間 2002~2003
研究担当者
発行年度 2004
要約 ZYMV弱毒株2002は宮崎県のZYMV強毒株に対し干渉効果が認められ、薬剤による媒介虫の防除を組み合わせることにより、高い防除効果が得られる。
キーワード 露地キュウリ、ZYMV、弱毒ウイルス、干渉効果
背景・ねらい 宮崎県の露地栽培キュウリにおいては、ZYMV等によるモザイク症状や急性萎凋症状の発生が多く、大きな生産阻害要因となっている。そこで京都府で開発された弱毒株2002を組み入れて効率的な防除技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 感染圧が高い条件下では、栽培末期には弱毒株2002接種区の感染株率は67%に達し、発病度も強毒株の感染により高まるが、無接種区と比較して、発病度は有意に低く推移する(表1、図1、表2)。
  2. アブラムシ類を対象に定植時の粒剤処理と7~10日間隔の薬剤散布を行い、感染圧を低くすることによって、弱毒株2002接種区では栽培終期まで発病がよく抑えられ,A品収量は無処理区を大きく上回る(表1、図1、表2、図2)。
  3. 以上の結果から、弱毒株2002は宮崎県のZYMV強毒株に対し干渉効果が認められ、アブラムシ類に対する薬剤防除を組み合わせることにより、高い防除効果が得られる。
成果の活用面・留意点
  1. 試験は2カ年とも、宮崎県で分離された同一のZYMV強毒株を供試して、宮崎総農試内の露地ほ場で実施したものであり、さらに現地ほ場での実用性検討を重ねる必要がある。
  2. 平成14年はWMVの自然感染により、ZYMVとWMVとの混合感染条件下の試験であったが、弱毒株2002区と無接種区の発病度の差はZYMVの感染株率の差によると思われる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013161
カテゴリ きゅうり 栽培技術 防除 モザイク症 薬剤

この記事は