早熟栽培におけるパプリカの接ぎ木栽培の適応性と台木の選定

タイトル 早熟栽培におけるパプリカの接ぎ木栽培の適応性と台木の選定
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者
発行年度 2004
要約 パプリカの早熟栽培において「フィエスタ」の台木としては「スケットC」、「伏見甘長」および「スケットK」がよい。「スペシャル」の台木は「伏見甘長」がよい。
キーワード パプリカ、早熟栽培、台木、「フィエスタ」、「スケットC」、「伏見甘長」、「スケットK」、「スペシャル」
背景・ねらい 最近、食の多様化に伴いサラダ食材等の彩り野菜として赤色や黄色系パプリカの需要が増加しているが、これらは主にオランダや韓国で促成作型の養液栽培において生産されている。パプリカを収益性の高い水田転換作物として本県の平坦地水田に導入するためには、土耕による低コストな早熟栽培技術の確立が求められており、早熟栽培に適した品種「フィエスタ」(黄色)、「スペシャル」(赤色)を選定した。
しかし、土耕による早熟栽培では、青枯れ病や立枯れ性疫病などの土壌病害が問題となるので、これらに耐病性を持つトウガラシ属の台木の中から、パプリカの早熟栽培で収量や品質の優れる台木を選定する。
成果の内容・特徴
  1. 「フィエスタ」の台木に「スケットC」、「スケットK」および「伏見甘長」を用いると、自根に比べて収穫果数が増加し、商品果重、A品重が重くなる。(表1、図1)。
  2. 「フィエスタ」の台木に「スケットK」を用いると、「スケットC」、「伏見甘長」に比べて凹凸果やひび果の発生が多く、A品率が低下するが、商品果重は重い(表1、図1)。
  3. 「スペシャル」の台木に「伏見甘長」を用いると、自根に比べて1果重が増加するが、商品果重、A品重は同等である。「スケットK」では商品果重が5%、「スケットC」では15%程度減少する(表1、図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 青枯れ病や疫病が多発している圃場では耐病性台木だけでは発生を抑えられない場合があるので土壌消毒を併用する。
  2. 土壌水分は乾燥しすぎると尻腐れの発生が多くなり、夏季に過湿になりすぎると青枯れ病、立枯れ性疫病の発生を助長するのでpF2.0~1.8で推移するようにかん水管理に気を付ける。
  3. 夏季の高温は着果不良を引き起こすとともに地温を上昇させ土壌病害が発生しやすくなるので、フルオープンハウスを利用したり遮熱資材を被覆してハウス内の昇温抑制に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013102
カテゴリ 青枯れ病 乾燥 コスト 栽培技術 水田 台木 接ぎ木 低コスト とうがらし 土壌消毒 品種 ピーマン 水管理 養液栽培

この記事は