ポンカン「薩州」の高品質果実生産のための土壌水分管理法

タイトル ポンカン「薩州」の高品質果実生産のための土壌水分管理法
担当機関 鹿児島果樹試
研究課題名
研究期間 2001~2004
研究担当者
発行年度 2004
要約 ポンカン「薩州」では、透湿性シートを5月に被覆し、土壌水分は9月中旬から収穫期をpF2.5~2.7で管理することで品質が向上する。
背景・ねらい 消費者の高品質志向が高まる中、ポンカンについてもさらなる品質向上が求められている。そこで、鹿児島県で育成したポンカン「薩州」について、高品質果実生産のための土壌水分管理法を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 土壌水分は5~7月をpF2.3、8~9月上旬をpF2.3~2.5、9月中旬~収穫期をpF2.5~2.7で管理する(図1)。
  2. 9月中旬以降にpF2.5~2.7の土壌乾燥で、糖度は12月中旬が13、貯蔵後の2月上旬が14となり、無処理より糖度が1~2高く、クエン酸は12月中旬が0.9~1.0%、2月上旬が0.8~0.9%となり、無処理より0.1~0.2%高くなる(表3)。
  3. 透湿性シートの被覆で、果皮色の赤みがやや濃くなり、す上がりが少ない(表3)。
  4. pF2.9区はpF2.7区に比べて階級割合の小玉果比率が高くなる(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 露地栽培におけるポンカンの品質向上に活用する。
  2. 土壌水分の管理ができるように透湿性マルチシート下にはかん水チューブを設置する。
  3. 5月中旬から7月までpF2.3、8月から9月上旬まではpF2.5、9月以降pF2.7を各々越えた場合には3~5mm程度をかん水する。
  4. クエン酸含量が高くなるので、8月はpF2.5を越えないようにする。
  5. 収穫後は、透湿性シートを除去し、十分にかん水して樹勢の回復を図る。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013057
カテゴリ 乾燥 ぽんかん

この記事は