製パン適性の良い小麦品種「ニシノカオリ」の熊本県における特性

タイトル 製パン適性の良い小麦品種「ニシノカオリ」の熊本県における特性
担当機関 熊本県農研セ
研究課題名
研究期間 1996~2003
研究担当者
発行年度 2004
要約 準硬質小麦品種「ニシノカオリ」は、「シロガネコムギ」より出穂期が3日、成熟期が1日遅く、収量は劣るが、タンパク質含有率が高くパンの原料に適しており、熊本県の奨励品種に採用する。
キーワード 奨励品種、準硬質小麦、製パン適性、タンパク質含有率
背景・ねらい 熊本県の小麦は「シロガネコムギ」「チクゴイズミ」を主に作付けしており、その用途は麺用である。しかし近年、「より安全、安心なものを」という消費者の要望から国産のパン用小麦の需要が増してきており、同時に製粉業界からもパン用などに向く小麦の作付要望が挙げられている。そこで、消費者・実需者ニーズに応え、新たな用途(パン、菓子パン)に用いることのできる小麦品種として、タンパク質含有率が高く、製パンに適する品種を選定する。
成果の内容・特徴 「ニシノカオリ」は九州沖縄農業研究センターにおいて、「北見春42号」と「西海157号(のちの「アブクマワセ」)」との交配から育成された小麦であり、「シロガネコムギ」と比較して以下の特性がある。
  1. 出穂期が3日遅く、成熟期が1日遅い早生である(表1)。
  2. 稈長は長く、穂長はやや短く、穂数はやや少ない(表1、表3)。
  3. うどんこ病に対する抵抗性は同程度であるが、赤かび病に対しては同程度かやや弱い(表1、表3)。
  4. 千粒重は重く、容積重は同程度かやや重い。収量は少なく、検査等級(普通小麦として)では同程度かやや劣る(表2、表3)。
  5. 原麦、60%粉のタンパク質含有率が高く、比容積、官能評価も高いため、製パンの原料に適する(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 県内の小麦栽培地帯に適する。
  2. 高タンパク質特性をより発揮させるため、出穂期前後の実肥施肥を行う。
  3. 「シロガネコムギ」に比べ葉色が濃いが、慣行と同じ施肥を行う(減肥しない)。
  4. 赤かび病にやや弱いため、適期防除を徹底する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012957
カテゴリ うどんこ病 硬質小麦品種 小麦 施肥 抵抗性 品種 防除

この記事は