高pH暗赤色土におけるオリエンタルユリの上位葉黄化症状は鉄欠乏である

タイトル 高pH暗赤色土におけるオリエンタルユリの上位葉黄化症状は鉄欠乏である
担当機関 鹿児島農試徳之島支場
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者
発行年度 2003
要約 pHの高い暗赤色土で発生したオリエンタルユリの上位葉の黄化症状は,上位葉の2価鉄含有率が低く,キレート鉄の施用によって軽減されることから,この症状は,鉄欠乏である。
キーワード 暗赤色土、ユリ、黄化、高pH土壌、鉄欠乏
背景・ねらい 奄美地域は、アルカリ性の琉球石灰岩風化土壌や強酸性の粘板岩風化土壌等、県本土にはみられない特殊な土壌が広く分布している。これらの土壌では土壌の持つ性質のため微量要素の過不足などによる生理障害が発生し、花き類の高品質安定生産の障害となっている。
そこで、現地で発生がみられるオリエンタルユリの上位葉の黄化症状について、発生要因を明らかにし、対策技術の確立を図る。
成果の内容・特徴
  1. オリエンタルユリの上位葉の黄化した葉の活性鉄及び2価鉄含有率は、正常葉よりも低い(表1)。
  2. 土壌pHが高くなるに伴って、上位葉の葉色が淡くなる(図1)。
  3. キレート鉄の施用によって、上位葉の2価鉄含有率が高まり,黄化症状は軽減される(図2)。
  4. 土壌中の可給態鉄含量は、土壌のpHの上昇に伴って低くなる(図3)。
  5. これらのことから、オリエンタルユリの黄化症状は、高pH土壌における鉄欠乏症状と考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. キレート鉄の葉面散布は効果は高いが、濃度が濃い場合、薬害が出る危険性がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012904
カテゴリ 黄化症状 生理障害 ゆり

この記事は