灰色低地土における促成ピーマンの簡易肥培管理マニュアル

タイトル 灰色低地土における促成ピーマンの簡易肥培管理マニュアル
担当機関 宮崎総農試
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者
発行年度 2003
要約 促成ピーマンにおけるリアルタイム診断には、土壌では簡易振とう法のEC、植物体では葉柄汁液中の硝酸イオンを用いるのが適当である。好適な生育を維持するには、簡易振とう法ではECが約0.4~0.8mS/cm、葉柄汁液では硝酸イオンが約5500~7000ppmで管理するのが望ましいという促成ピーマンの簡易肥培管理マニュアルを作成した。
キーワード ピーマン、リアルタイム診断、簡易振とう法、葉柄汁液
背景・ねらい 施設野菜では、高品質安定多収をねらいとして多肥栽培が行われる場合が多いが、その結果、土壌への養分蓄積や地下水汚染等の一因となっている。そこで促成ピーマンにおいて安定生産の維持と環境負荷低減を目的として、土壌・植物体のリアルタイム診断に基づいたピーマンの肥培管理指針を作成する。
成果の内容・特徴
  1. リアルタイム診断の方法として、土壌では簡易振とう法のECおよび硝酸態窒素、土壌溶液ではECおよび硝酸態窒素、植物体では植物からの供試液の採取方法や、葉位および部位を変えて葉色(SPAD502)、ECおよび硝酸イオンについて検討すると、比較的精度が高く、簡易な分析方法としては、土壌では簡易振とう法のEC、植物体では葉柄汁液中の硝酸イオンを用いるのが望ましい(データ一部省略)。
  2. 栽培中の株間土壌(深さ0~15cm)を採取すると、ECは約0.2~1.0mS/cm、硝酸態窒素は約30~330ppmで推移する(図1)。簡易振とう法によるECは約0.1~1.7mS/cm、硝酸態窒素は2~131ppmで推移するが、好適な生育を維持するためには、簡易振とう法によるECは約0.4~0.8mS/cm、硝酸態窒素は25~50ppmで管理する(表2)。
  3. 簡易振とう法の土壌のEC(x)と常法の硝酸態窒素(y)の間には高い正の相関があり(r2=0.83)、簡易振とう法のEC値から土壌の硝酸態窒素が推定できる(y=20.7x+1.8)。
  4. 植物体による簡易分析は、葉柄汁液の硝酸イオンは4700~8400ppmで推移するが、好適な生育を維持するためには5500~7000ppmで管理する(図2、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 灰色低地土における全面全層施肥による慣行栽培の結果である。
  2. 供試品種は京ゆたかである。
  3. 土壌の簡易振とう方法は、容積で水5に対し土壌1を加え、1分間手で振とうする。植物体の葉柄汁液は、上から3~4枚目の葉の葉柄を採取し、ニンニク絞り器を用いて得られた搾汁液を供試する。
  4. 簡易振とう法による土壌のEC(x)と常法の硝酸態窒素(y)の関係式は、土壌水分の状態で異なる場合がある。
  5. 施肥量は県基準、倍量、半量に変えて栽培を行い、生育がよく、土壌への養分蓄積が少ない県基準施肥量での4年間の結果である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012899
カテゴリ 環境負荷低減 施肥 にんにく 肥培管理 品種 ピーマン

この記事は