粘着トラップを使用したTSWV保毒アザミウマの簡易モニタリング法

タイトル 粘着トラップを使用したTSWV保毒アザミウマの簡易モニタリング法
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者
発行年度 2003
要約 至適化されたエライザ法を用いることで、粘着トラップで捕捉したミカンキイロアザミウマからトマト黄化えそウイルス(TSWV)が検出できる。本法により、TSWVによる病害発生の危険性を把握することができる。
キーワード ミカンキイロアザミウマ、トマト黄化えそウイルス(TSWV)、粘着トラップ
背景・ねらい トマト黄化えそウイルス(TSWV)は、トマト、ピーマン、キクなど種々の野菜・花卉類の葉や果実にえそを起こすウイルスであり、作物の安定生産の障害要因となっている。TSWVはミカンキイロアザミウマによって高率に媒介されるため、ミカンキイロアザミウマがTSWVを保毒しているかを調査することで本病発生の危険予測ができると考えられる。
従来、圃場に発生するミカンキイロアザミウマのTSWV保毒調査は、作物に寄生するアザミウマを生きたまま捕獲していたが、多大な労力を要するため、より簡便な手法の開発が望まれていた。そこで、アザミウマ類の発生調査に利用され、設置・運搬等の取り扱いが簡便な粘着トラップを用いたTSWV保毒虫のモニタリング法を開発した。
成果の内容・特徴
  1. 虫体からのウイルス抽出用に至適化されたエライザ法(図1)を用いることで、青色粘着トラップに付着したTSWV保毒アザミウマ1頭から前処理なしでTSWVを検出することができる。粘着物質による非特異反応は全く生じない。
  2. 粘着トラップに付着したアザミウマはすぐに死ぬが、付着10日後でも実用レベルのELISA値を示し、TSWV保毒検定が可能である(表1)。
  3. 本法によって、ハウス内で捕捉したミカンキイロアザミウマのTSWV保毒状況を検査することができる(表2)。ただし、植物から直接採取したアザミウマの保毒率と若干差異が生じる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. アザミウマを効率的に捕捉するためには青色粘着トラップが望ましい。
  2. 粘着トラップを利用するため、飛来虫の保毒も調査することができる。
  3. 本法によって推定された保毒率はトラップ期間の平均保毒率となることから、直接採取したアザミウマの保毒率とは差異が生じる可能性がある。直接採取による保毒率調査と比較する場合は、トラップ設置期間、栽培条件、気象条件等を個々に検討する必要がある。
  4. 本法を適用すれば、生産者がハウス内に設置した粘着トラップを検査指導機関に郵送することで圃場内のTSWV保毒アザミウマの有無を把握することができる。
  5. 適した特異的抗体を使うことで、他のトスポウイルスや昆虫媒介性ウイルスに応用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012868
カテゴリ きく 栽培条件 トマト ピーマン モニタリング

この記事は