奄美地域におけるマンゴーの加温ハウス栽培による生産安定

タイトル 奄美地域におけるマンゴーの加温ハウス栽培による生産安定
担当機関 鹿児島農試大島支場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2003
要約 開花前~果実肥大期(1月~5月)にかけて加温したハウス栽培は、無加温ハウス栽培より開花、収穫期が約1ヶ月以上早まり、着花枝率や有核果結果率が安定し、収量が増加する。
キーワード マンゴー、「アーウイン」、ハウス栽培、開花期、収穫期、収量
背景・ねらい 奄美地域ではマンゴーのハウス栽培が年々増加しているが、そのほとんどが無加温ハウス栽培であり、発蕾期~開花期に当たる2~3月の温度不足による開花の遅れや着果不良が問題となっている。さらに、収穫期の遅れによるせん定時期の遅延は翌年の着花不良等を招き、生産が不安定になっている。そこで、開花前~果実肥大期(1月~5月)に加温したハウス栽培での着花(果)性、収量性等について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 加温区の温度管理は、1月下旬から最低温度を摂氏15度にして加温を開始し、開花期間は摂氏21~22度、開花終了後~生理落果期は摂氏23度、果実肥大期は摂氏24度とした(表1)。
  2. 2003年における加温区の開花期間中(2~3月)のハウス内の最低温度は、無加温区よりも約摂氏7~8度高くなる(データ略)。
  3. 開花期及び収穫期は、加温区が無加温区より1ヶ月以上早くなる(表2、表3)。
  4. 着花枝率及び有核果結果率は、加温区が無加温区よりも高く、無加温区では、年によって着花(果)にバラツキが見られ、結果が安定しない傾向にある(表2)。
  5. 加温に伴う果実肥大促進効果や増収効果が期待できる(表3)。
  6. 着色及び秀品率は、加温区が無加温区よりも優れる(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 鹿児島県の奄美地域において、マンゴーの生産安定に活用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012762
カテゴリ 温度管理 マンゴー

この記事は