加温ハウス栽培マンゴーの収穫前落果防止法

タイトル 加温ハウス栽培マンゴーの収穫前落果防止法
担当機関 鹿児島果樹試
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2003
要約 加温ハウス栽培マンゴー「アーウイン」では、収穫期直前からの遮光ネット被覆、果実肥大期~収穫期にpF1.8~2.2の適湿での土壌水分管理、満開後50日目までに葉果比70程度の摘果により収穫前落果の発生が少なくなる。
背景・ねらい 加温ハウス栽培マンゴー「アーウイン」では、成熟期前に果実が落果する収穫前落果が発生し、着色不良や糖度不足など商品性低下の大きな要因となっている。そこで、収穫期の高温や果実肥大期の過乾燥、着果負担が収穫前落果の発生に及ぼす影響を明らかにし、発生防止技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 収穫期直前に遮光率30%のネットをハウスの天井に被覆することにより、収穫前落果の発生は少なくなる(図1、表1)。果梗部の果面温度は、遮光区では摂氏43.8度と無処理区の摂氏48.2度より約摂氏4度低い。
  2. 開花期から収穫期までの土壌水分は、pF1.8~2.2の適湿で管理することにより収穫前落果の発生が少なくなる(表2)。満開後60日又は同90日から収穫期までpF2.8の乾燥状態とした場合には、各々8.8%、7.1%と適湿区の4.3%より発生が多い。
  3. 葉果比を70として摘果した場合には収穫前落果の発生が少なくなる(表3)。葉果比50の収穫前落果率は7.9%と葉果比70の2.2%より多い。
成果の活用面・留意点
  1. 遮光ネットは収穫期直前にハウス天井に被覆し、収穫終了後に除去する。
  2. 土壌表面には敷ワラ等を行い、土壌水分の急激な変化を防ぐ。
  3. 摘果は満開後20日ごろから開始し、50日ごろまでには仕上げ摘果を終わる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012761
カテゴリ 乾燥 マンゴー

この記事は