加温ハウス栽培マンゴーのやに果発生を防止する温度管理法

タイトル 加温ハウス栽培マンゴーのやに果発生を防止する温度管理法
担当機関 鹿児島果樹試
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2003
要約 加温ハウス栽培マンゴー「アーウイン」では、開花期~収穫直前の夜温を摂氏23~24度で管理することにより果面の亀裂が減少し、やに果の発生が少なくなる。
キーワード マンゴー、アーウイン、加温ハウス栽培、やに果、夜温
背景・ねらい 加温ハウス栽培マンゴー「アーウイン」では収穫前に果面の亀裂から樹脂(テルペン)が分泌してやに状となり、外観を損ねるやに果が発生し問題となっている。そこで、開花期~収穫期のハウス内の夜温がやに果の発生に及ぼす影響を検討し、発生防止技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 開花期~収穫期のハウス内の夜温を摂氏23~24度で管理することにより、やに果の発生が少なくなり、健全果が約7~9割となる(表1、表2)。また、やにの発生程度も軽い。これに対し、夜温を摂氏19~20度で管理した場合には健全果は約2割、摂氏21~22度では約6割と少なくなる。
  2. 夜温摂氏19~20度で管理した果実の気孔は、満開後50~60日には孔辺細胞が脱落したものが多く観察され、気孔の両端に亀裂が発生する。果実の肥大に伴って亀裂は大きくなり、収穫時には0.5~3mmとなる(データ省略)。果面への樹脂の分泌は満開後70~80日から観察される。
成果の活用面・留意点
  1. 昼温は摂氏28~30度とし、摂氏35度以上の高温は避ける。
  2. 果実肥大期の土壌水分の急激な変化も亀裂の発生を助長するので、かん水はこまめに行い、収穫期までpF1.8~2.2で管理する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012760
カテゴリ 温度管理 マンゴー

この記事は