リーフレタス栽培における豚ぷん堆肥中無機態窒素の供給量

タイトル リーフレタス栽培における豚ぷん堆肥中無機態窒素の供給量
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2001~2001
研究担当者 末吉孝行
平野稔彦
藤冨慎一
発行年度 2002
要約 県内で生産される豚ぷん堆肥中の全窒素含量は1.1~3.2%であり、リーフレタス栽培に利用すると、冬出し、初夏出し期間ともそのうち約13~34%が無機化すると予測される。堆肥1tを施用すると、堆肥から約3.1~7.2kgの無機態窒素を供給できる。
キーワード 豚ぷん堆肥、全窒素、無機化、無機態窒素
背景・ねらい 従来から耕種側にとって、豚ぷん堆肥は地力維持の観点から施用されることが多い牛ふん堆肥と、肥料としての観点から施用される鶏ふんの中間的な性質と位置づけられている。そこで、化学肥料削減に向け豚ぷん堆肥の肥料としての利用を推進するために、リーフレタス栽培を例に堆肥中の窒素無機化量を把握する。なお、合計で福岡県内の豚ぷん発生量の約1/4を占める7堆肥の個々について窒素無機化量を把握する。
成果の内容・特徴 1.
県内主要豚ぷん堆肥の全窒素含量は堆肥現物当たり1.1~3.2%、うちアンモニア態窒素は中熟の久留米Dを除けば0.07~0.35%である。久留米Dは0.69%とアンモニア態窒素含量が多い(表1)。
2.
リーフレタス栽培における豚ぷん堆肥中全窒素の無機化率は、冬出し、初夏出し期間とも約13%~34%と予測できる。堆肥1tを施用した場合は、堆肥から約3.1~7.2kgの無機態窒素を供給できる(図1、2)。
成果の活用面・留意点 1.
豚ぷん堆肥の施用基準改訂時の基礎資料として活用できる。
2.
他の作物においても、地温データがあれば豚ぷん堆肥中窒素無機化の予測が可能である。
3.
実際の堆肥施用量は、各堆肥ともカリ等の塩基類が過剰とならない量を施用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012578
カテゴリ リーフレタス

この記事は