温湯処理によるマンゴー軸腐病の発病抑制効果

タイトル 温湯処理によるマンゴー軸腐病の発病抑制効果
担当機関 沖縄農試
研究課題名
研究期間 2001~2001
研究担当者
発行年度 2002
要約 52℃の温水に20分間浸漬し、その後冷水で10分間浸漬する温湯処理技術により、マンゴー果実における軸腐病の発病抑制効果並びに腐敗の遅延効果が期待できる。
キーワード マンゴー、軸腐病、果実、温湯処理
背景・ねらい 近年、沖縄県において収穫後のマンゴー果実に、果梗部の周辺から軟化褐変し、急速に腐敗する軸腐病が発生し問題となっている。本病は輸送中に症状が悪化するため、消費者や市場からの信頼を失い沖縄ブランド産品としての評価にも悪影響を及ぼす。そこで軸腐病菌による果実腐敗に対する温湯処理の効果を検討する。
成果の内容・特徴 1.
52℃の温水に20分間浸漬し、その後すぐに冷水で10分間浸漬する方法で温湯処理を行った。
2.
無処理区では、菌接種4日後にすべての果実で発病が認められたのに対し、温湯処理区では接種4日後の発病率が35%、6日後でも45%と対照区と比較して高い発病抑制効果が認められた(表1、図1、図2)。
3.
果実発病度の推移をみると、無処理区で菌接種後、急速に果実腐敗が進展し、6日後には発病度が76と高い値を示したのに対し、温湯処理区では腐敗の進行が遅く、6日後でも発病度が28と低い値を示した(図3)。
成果の活用面・留意点 1.
マンゴー炭疽病との同時防除が可能である(九農研第53号・平成3年8月)。
2.
本試験において果実品質に及ぼす影響は特に認められなかった。
3.
処理後の果実品質に対する具体的な評価を行う必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012552
カテゴリ 炭疽病 防除 マンゴー 輸送

この記事は