促成栽培トマトの遅植え化による黄化葉巻病の発生回避

タイトル 促成栽培トマトの遅植え化による黄化葉巻病の発生回避
担当機関 長崎総農林試
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 内川敬介
小川恭弘
発行年度 2002
要約 促成栽培トマトでは、定植時期を遅くするほど、Tomato yellow leaf curl virus(TYLCV)の媒介虫であるシルバーリーフコナジラミの発生量が減少するため、黄化葉巻病の発生が少なくなり被害を回避できる。
キーワード 促成栽培トマト、黄化葉巻病、シルバーリーフコナジラミ、TYLCV、定植時期
背景・ねらい Tomato yellow leaf curl virus(TYLCV)はシルバーリーフコナジラミによって媒介され、感染したトマトは新葉が黄化、萎縮して生長が止まり、着果不良になるため、長期間栽培を行う促成栽培で大きな被害を与える。現地調査(1998年、大村市)によると、夏から秋にかけての定植時期が遅いほど、本病の発生が少ない事例があることから、促成栽培トマトの定植時期別における、本病とシルバーリーフコナジラミの発生の推移を明らかにして、本病の防除対策に資する。
成果の内容・特徴 1.
促成栽培トマトにおいて、定植時期が遅くなるほど、気温が低下し(図1)、シルバーリーフコナジラミの寄生量が減少する。特に10月中旬以降の植付けでは少ない(図2)。
2.
黄化葉巻病も定植時期が遅くなるほど、発病株率が減少する。10月中旬以降の作付では発病株率の進展が停滞する(図3)。
成果の活用面・留意点 1.
遅植え化により本病の発生を抑制することができるが、導入に当たってはトマトの収量や収益など、経営面を考慮する必要がある
2.
9月までに定植する場合は、育苗施設および本圃施設の開口部にネットを張り、薬剤防除を徹底する等、媒介虫をトマトに接触させないような対策を厳守する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012537
カテゴリ 育苗 黄化葉巻病 経営管理 栽培技術 トマト 防除 薬剤

この記事は