トマト黄化葉巻ウイルスの虫媒接種による感染植物

タイトル トマト黄化葉巻ウイルスの虫媒接種による感染植物
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 石井貴明
嶽本弘之
発行年度 2002
要約 トマト黄化葉巻ウイルス(イスラエル系統長崎株:TYLCV-Is)を虫媒接種法により11科26種の植物に接種したところ,トマト,チョウセンアサガオ,Nicotiana benthamiana,ペチュニア,ピーマン,ジャガイモ,インゲンマメ,トルコギキョウの3科8種に感染した。このうちジャガイモは新たに判明した感染植物である。
キーワード トマト黄化葉巻ウイルス、宿主範囲
背景・ねらい 平成8年に九州に発生したトマト黄化葉巻病は,現在,九州管内では大分県および沖縄県を除く全県で発生しており,一部地域では毎年トマト産地に被害をもたらしている。
トマト黄化葉巻ウイルスはシルバーリーフコナジラミにより容易に伝搬されるため,トマト以外の伝染源となり得る作物,雑草等を特定することは本病の蔓延防止に極めて重要である。そこで,虫媒接種法により各種作物へのTYLCVの感染の有無を確認し,防除対策のための資料とする。
成果の内容・特徴 1.
九州で発生しているTYLCVはシルバーリーフコナジラミによる虫媒接種法を用いて11科26種の植物に接種し,PCR法で感染の有無を確認するとトマト(品種:ハウス桃太郎),チョウセンアサガオ,Nicotiana benthamiana,ペチュニア(F1:中小輪系),ピーマン(品種:早生ハイグリーン),ジャガイモ(品種:メイクィーン),インゲンマメ(トップクロップ),トルコギキョウ(ピッコロブルーピコティー)の3科8種に感染する(表1)。このうちジャガイモは新たに判明した感染植物である。
2.
感染する3科8種の植物のうちピーマンおよびジャガイモでは無病徴である(表1および図1)。
成果の活用面・留意点 1.
普及・栽培現場での圃場衛生管理の指導資料が作成できる。
2.
トマト以外の感受性作物の被害防止のための指導資料が作成できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012534
カテゴリ あさがお いんげんまめ 雑草 トマト トルコギキョウ ばれいしょ 品種 ピーマン ペチュニア 防除

この記事は