チャ炭疽病に対する新規EBI剤の効果的な散布時期

タイトル チャ炭疽病に対する新規EBI剤の効果的な散布時期
担当機関 鹿児島県茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~2001
研究担当者 富浜毅
発行年度 2002
要約 新規EBI剤は、既存のEBI剤に比べてチャ炭疽病に対する治療効果が高い。秋芽2~3葉期の降雨後(炭疽病菌の感染後)に散布すると高い効果が得られる。
キーワード EBI剤,チャ炭疽病,治療効果
背景・ねらい チャの秋芽生育期には、炭疽病と新梢枯死症の同時防除を主目的として、萌芽~1葉期に保護殺菌剤、その7~10日後にEBI剤を散布する2回散布体系が一般的に行われている。しかし、近年、秋芽生育期に降雨が多いことから、既存のEBI剤では十分な防除効果が得られず、炭疽病の多発を招く例がみられる。
このような状況の中で、炭疽病に対して既存の剤よりも治療効果が極めて高いEBI剤(フェンブコナゾールフロアブル,テトラコナゾールME)が新規登録されたので、秋期体系防除の中での効果的な使用法について検討する。
成果の内容・特徴 1.
新規EBI剤は、炭疽病に対する治療効果が得られる期間が12~14日と、既存のEBI剤に比べて長い(表1)。
2.
秋芽2~3葉期(1回目の保護殺菌剤散布から10~14日後頃)の防除は,降雨後に行うと効果が高い(図1、2、表2)。
成果の活用面・留意点 1.
新規EBI剤散布の基本的考え方。
(1)
秋芽2~3葉期に降雨がある場合にはその後に散布する。
(2)
秋芽2~3葉期までに降雨がない場合は、3葉期に散布する。
2.
新規EBI剤でも連用すると耐性菌の発生を招く恐れがあるので、原則年1回の使用とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012515
カテゴリ 耐性菌 炭疽病 防除

この記事は