秋ギク「神馬」の2月開花作型における再電照法

タイトル 秋ギク「神馬」の2月開花作型における再電照法
担当機関 長崎総農林試
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 出口 浩
松尾崇宏
北村信弘
発行年度 2002
要約 秋ギク「神馬」の2月開花作型では、小花形成前期にあたる電照打ち切り15日目から4日間再電照することにより舌状花数が増加し、うらごけを防止できる。
キーワード 神馬、再電照、うらごけ
背景・ねらい 「神馬」は、舌状花数が少なく、うらごけしやすい品種である。現場ではこの対策として、「秀芳の力」に準じた再電照が行われているが、「神馬」については検討がなされていない。
そこで、切花品質を向上させるための再電照技術を確立する。
成果の内容・特徴 1.
「神馬」は、小花形成前期にあたる電照打ち切り15日目から再電照することにより、舌状花数が増加し、舌状花率がもっとも高くなり、切り花品質が向上する(表1、表2)。
2.
「神馬」は、再電照することにより上位葉が大きくなり、うらごけを防止できる(表3)。
3.
「神馬」の舌状花数を増加させ、うらごけを防止できる再電照方法は、小花形成前期に当たる電照打ち切り15日目から再電照するのが最良である(表1、表2、表3)。
4.
栽培最低夜温は、定植から電照打ち切りまで16℃、電照打ち切りから発蕾まで13℃(17:00~22:00)、18℃(22:00~3:00)、20℃(3:00~9:00)、以降開花まで13℃とする。
成果の活用面・留意点 1.
他の作型では、小花形成前期から再電照を開始する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012503
カテゴリ 栽培技術 電照技術 品種

この記事は