高品質肉用母系統「九州ロード」の造成と利用

タイトル 高品質肉用母系統「九州ロード」の造成と利用
担当機関 熊本農研セ
研究課題名
研究期間 1994~2001
研究担当者 高野敏則
山下裕明
松崎正治
発行年度 2002
要約 高品質肉用鶏を生産するための大型母系統を、平成6年から熊本県、大分県、宮崎県との共同による閉鎖群育種により7世代わたって系統造成し「九州ロード」と命名した。九州ロードは熊本コーチン及び天草大王の雄と交配することによって従来の高品質肉用鶏(熊本コーチン雄×熊本ロード雌)に比べて2週間以上早く出荷することができる。また、純粋種のままでも産卵と産肉性に優れるので、卵と肉の地産地消としての利用も期待される。
キーワード 鶏、肉用母系統、高品質肉用鶏、九州ロード、地産地消
背景・ねらい 熊本コーチンおよび天草大王の特徴を活かした高品質肉用鶏を生産するため、これと交配して肉用鶏を生産する母系統として羽色が両者に似ており、強健で増体性に優れしかも産卵率が良い母系統の造成が要望されている。
そのため、新たな母系統の改良目標を地鶏係数50%、成雌体重4kg、産卵率75%、平均卵重60に設定して、最終的に熊本コーチン及び天草大王と交配した肉用鶏が褐色羽装になり80日齢から90日齢で出荷できる大型母系統を造成し、その利用方法を検討する。
成果の内容・特徴 1.
平成6年に熊本ロードと白色プリマスロックを交配した地鶏係数50%の基礎鶏を熊本県、大分県、宮崎県との共同による閉鎖群育種により7世代わたって系統造成し「九州ロード」と命名した。(図1)
2.
「九州ロード」の羽色は濃褐色に固定し、熊本コーチン及び天草大王と交配した高品質肉用鶏の羽装も褐色になる。
3.
「九州ロード」の成鶏雌体重は3.5kg、初産日齢(50%産卵到達日齢)は自由摂取で156日齢、平均卵重は61.2gに達する。(表1,表2)
4.
「九州ロード」は7週齢からの定量給餌による制限給餌で飼養すると、育成期に体重が小さくなり、初産日齢が遅くなるが、産卵率は77%に達し、飼料が大幅に節約できる。(表1,表2)
5.
「九州ロード」を母鶏とした肉用鶏は熊本ロードを母鶏とした肉用鶏に比べ、発育が2週間以上早くなり、12週齢から13週齢での出荷が可能になる。(表3)
6.
「九州ロード」の純粋種雌はレイヤー飼料の自由摂取でも14週齢で2.4kgに達し、肉用鶏(熊本コーチン雄×九州ロード雌)の雌と遜色のない成績を示す。(表1、表3)
九州ロードは熊本コーチン及び天草大王の雄と交配して高品質肉用鶏を生産するが、九州ロード純粋種でも産肉量が多く赤玉を多産するので、農家や民宿などで採卵をしながら特定JAS規格による地鶏係数50%の地鶏肉を必要に応じて長期間利用するという、地産地消としての利用も期待される。
成果の活用面・留意点 1.
種鶏場及び農家へは雌雛だけを販売する。
2.
地産地消の卵肉兼用として使用する場合はレイヤー用飼料を給与する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012435
カテゴリ 育種 出荷調整

この記事は