茎の太さを揃えるための簡易標本

タイトル 茎の太さを揃えるための簡易標本
担当機関 熊本農研セ
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 田中伸昭
澤田倫平
発行年度 2002
要約 高品質畳表に求められるイグサ茎の太さの変動係数は9%以下である。その変動係数を簡易的に判断するために作製した切断面標本は、製織前の選り出し指標として有効である。
キーワード イグサ、畳表、茎の太さ、変動係数
背景・ねらい 本県では、安価な中国産畳表の輸入増加に伴う価格低迷が続いており、その対策の一つである高品質化への取り組みが急務となっている。
そこで、高品質畳表に求められる茎の太さの揃いの程度を明らかにして、その生産を目標とした加工指針を作成し効果を確認する。
成果の内容・特徴 1.
高品質畳表に求められる茎の太さの変動係数は9%以下である(図1)。
2.
選り出す前の茎の太さの変動係数により、それを9%以下にするための太い及び細い茎の除去割合が決定される(図2)。
3.
イグサ茎の太さの揃いは、茎の束の切断面の観察により判断できるため、太さの変動係数が既知の切断面をその簡易測定標本とする(図3)。
4.
以上のことから、切断面標本を用いた高品質畳表生産加工指針は以下の通りである。
(1)
製織を行うイグサ150本の束を、根元から50cmの箇所で切断し、根元側、先端側いずれかの切断面を供試材料とする。
(2)
その切断面と標本を比較して、茎の太さの変動係数を確認し、以下の方法で除去本数(割合)を求める。
ア.
変動係数が、9%以下の場合
太さの揃いは良好と判断し、慣行方法に準じる。
イ.
変動係数が、9%~10%の場合
太い及び細いイグサを2~3本ずつ除去し、9%標本と同程度になるまでの除去本数(割合)を求める。
ウ.
変動係数が、10%以上の場合
前述図2から求められる除去割合を参考にして除去を行い、9%標本と同程度になるまでの除去本数(割合)を求める。
(3)
前述(2)で求めた除去割合を基にして、実際の製織作業で選り出しを行う。
5.
高品質畳表生産加工指針に従って加工した畳表は、通常行っている方法と比較して茎の太さの揃いが良好となり、品質が向上した(図4)。
成果の活用面・留意点 1.
変色茎の選り出しは、通常通り行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012377
カテゴリ いぐさ 加工 簡易測定

この記事は