汎用型スクミリンゴガイ防除ロータリの性能

タイトル 汎用型スクミリンゴガイ防除ロータリの性能
担当機関 (独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 1997~2000
研究担当者 関 正裕
高橋仁康
小橋工業(株)
西田初生
田坂幸平
発行年度 2001
要約 開発したスクミリンゴガイ防除ロータリの殺貝率は46~77%で通常ロータリより29~33ポイント多く殺貝できる。この結果、貝の生息密度は通常より40~48%減となる。
キーワード スクミリンゴガイ、ジャンボタニシ、ロータリ、耕うん、防除、機械、稲類
背景・ねらい 西南暖地の湛水直播水稲栽培および稚苗移植水稲栽培において、その生育初期を食害するスクミリンゴガイを、ロータリ耕うん時に効率よく殺貝することで、生息密度を低減し、被害を軽減することを目的とする。通常のロータリ耕うんで作業速度を遅く、ピッチを小さくしても殺貝効果は高まるが、作業時間が増大する。このため、通常のロータリ作業速度で貝密度の低減が可能で、通常の作業機としても使用可能なロータリを開発する。
成果の内容・特徴 1.
開発した防除ロータリは耕幅1.5mで、標準のナタ爪32本に加えて直刃25本を適正に配列した構造であり、直刃は耕うん軸のホルダに装着され、交換可能である(図1)。
2.
防除ロータリを使用した圃場では、ほぼ同じ耕うん条件で通常ロータリを使用した圃場と比較して貝の生息数が40~48%減となる(図2)。
3.
防除ロータリの殺貝効果は小貝(殻高3~10mm)で通常47.9%に対し76.9%、中貝(同10~20mm)で通常16.3%に対し45.8%、大貝(同20mm~40mm)で通常26.1%に対し59.1%とそれぞれ29.0~33.0ポイントの殺貝効果が認められる(図2)。
4.
PTO駆動トルクは防除ロータリでは215N・m(22.0kg・m)であり、通常ロータリの169 N・m(17.2kg・m)に対して27%増加する。また、砕土率は通常とほぼ同じである(表1)。
成果の活用面・留意点 1.
スクミリンゴガイ発生水田への通年使用が効果的である。
2.
適応は17kW(23馬力)以上のトラクタで、通常のロータリ作業機として使用できる。
3.
直刃へのワラの付着が起きる場合があるので、その場合はワラを取り除く。
4.
市販化を検討中である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012222
カテゴリ 市販化 水田 水稲 スクミリンゴガイ 防除

この記事は