弱毒ウイルスによるキュウリのズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)防除

タイトル 弱毒ウイルスによるキュウリのズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)防除
担当機関 宮崎総農試
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者
発行年度 2001
要約 ZYMV弱毒株(ZY-95)は接種による生育および収量・品質への影響もなく強毒ZYMVに対する干渉効果が高く、ZYMV防除対策として実用性が高い。
キーワード キュウリ、ZYMV、弱毒ウイルス
背景・ねらい ZYMVなどのウイルスによる萎凋やモザイク症状が例年露地やハウス抑制キュウリで発生し、問題になっている。そこで、その対策として弱毒ZYMVに着目し、その実用性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 弱毒ZYMV(ZY-95)は露地抑制キュウリ南極1号(台木ヒカリパワー)への接種による生育抑制はみられない(表1)。
  2. 弱毒ZYMV(ZY-95)の強毒ZYMVに対する干渉効果は高く、モザイク株率、感染株率とも無接種区と比較して非常に低く、萎凋は全くみられない(表2,表3)。
  3. 弱毒ZYMV(ZY-95)の接種による収量・品質の低下は見られず、無接種区で栽培後期にモザイク果が増加しても、モザイク果はほとんど見られない(表4,表5)。
成果の活用面・留意点
  1. 今回の試験はCMV,WMV2、PRSV-Wの自然感染のない条件下での試験であったが、重複感染が多い条件下での検討も必要であると思われる。
  2. ZY-95はZYMV弱毒株2S142a6(沖縄株)を京都府農業総合研究所でさらに改良選抜したものである。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012160
カテゴリ きゅうり ズッキーニ 台木 防除 モザイク症

この記事は