促成栽培イチゴにおけるハダニ類の天敵チリカブリダニの利用方法

タイトル 促成栽培イチゴにおけるハダニ類の天敵チリカブリダニの利用方法
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者
発行年度 2001
要約 促成栽培イチゴにおいて、捕食性天敵のチリカブリダニを10月下旬~11月上旬、11月下旬~12月上旬および1月下旬~2月上旬の3回、1回につき10a当たり2,000頭を放飼することで、ハダニ類の発生を4月まで低く抑制することができる。
キーワード 促成栽培イチゴ、生物的防除法、チリカブリダニ、ハダニ類
背景・ねらい 近年、安全な農作物に対する需要が高まるとともに、薬剤抵抗性害虫や耐性菌の出現により、農薬に依存した従来の防除方法の見直しが求められている。そこで、促成栽培イチゴでの生物的防除資材を利用した総合的病害虫防除技術を確立する一環として、ハダニ類の捕食性天敵チリカブリダニの有効な利用方法を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. チリカブリダニを10月下旬、11月下旬および2月上旬に、1回につき2,000頭/10a放飼すると、ハダニ類の密度と被害を4月まで低く抑制することができる(表1、表2、表3の下2段)。
  2. チリカブリダニを2月上旬から2~3回、1回につき2,000頭/10a放飼した場合、ハダニ類に対する密度抑制効果は低い(表1、表2、表3の上2段)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果をもとに作成した「促成栽培イチゴにおけるチリカブリダニの利用マニュアル」を普及現場で指導資料として利用できる。
  2. チリカブリダニを利用する場合には、本天敵に影響の少ない農薬を組み合わせる。
  3. 5月まで収穫する作型では、2月下旬~3月上旬にチリカブリダニを追加放飼する。
  4. チリカブリダニの3回放飼のコストは約18,000円である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012145
カテゴリ いちご 害虫 コスト 生物的防除 耐性菌 抵抗性 農薬 病害虫防除 防除 薬剤

この記事は