ホオズキの系統選抜による着果率の向上

タイトル ホオズキの系統選抜による着果率の向上
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者
発行年度 2001
要約 ホオズキの着果率は同一ほ場内でも株によって異なり、また産地によっても大幅にばらつく。このため、着果率の高い系統を複数年選抜していくことにより、着果率の向上を図ることができる。
キーワード ホオズキ、着果率、選抜
背景・ねらい ホオズキはナス科の多年草で、盆を彩る風物として全国的に安定した需要がある。本県では築城、福岡および八女地域で約6haほどが栽培されている。しかしながら、ホオズキの取引価格は産地によって異なり、これは主に着果率の良否に起因するものと考えられる。そこで、着果率の向上を図るため、系統選抜の効果を明らかにするとともに、県内各産地より着果率の良好な系統を収集、選抜する。
成果の内容・特徴
  1. 選抜がなされていない圃場の場合、ホオズキの着果率は株により大幅にばらつく(図1)。これらの中から着果率の高い系統を選抜すると、各節位とも1年目および2年目まで高い着果率を維持できる(図2)。
  2. 県内の産地3地域、13圃場から収集した系統の着果率は、80~40%のばらつきが見られる(図3)。また、系統によっては、着果率の年次変動が見られる(図4)。このため、着果率が高位安定化するまで優良系統の収集と選抜を継続する。
成果の活用面・留意点 着果率の良否の判定節位は6節~20節前後とし、選抜株には収穫前までにマーキングしておく。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012107
カテゴリ なす ばら ほおずき

この記事は