日本ナシ「新高」のみつ症発生防止技術

タイトル 日本ナシ「新高」のみつ症発生防止技術
担当機関 大分農技セ
研究課題名
研究期間 1997~2001
研究担当者
発行年度 2001
要約 日本ナシ「新高」のみつ症は、8~9月の適度な潅水、9月の1か月間の遮光処理、交配後20日目の早期の小袋かけ、満開後10日目及び満開後100日目からの10日間隔、各5回のカルシウム剤散布、早期収穫と低温貯蔵の組合せ処理等によって軽減できる。
キーワード 日本ナシ、新高、みつ症、潅水、遮光、袋かけ、カルシウム剤
背景・ねらい 日本ナシ「新高」は、みつ症が発生しやすく、年によって多発するため大きな問題となっている。そこで、その発生要因を明らかにし、発生防止技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 「新高」のみつ症発生には、8月以降の土壌乾燥と高温が影響し、8~9月の適度な潅水は、みつ症を軽減させる効果がある(表1)。
  2. 9月の1か月間の遮光資材による被覆は、みつ症の発生を軽減させることができ、22%程度の遮光であれば果実品質への影響も少ない(表2)。
  3. 交配後20日目のパラフィン一重小袋かけは、みつ症の発生を軽減できる(表3)。
  4. 複合カルシウム剤散布は、満開後10日目から10日間隔で5回、さらに満開後100日目から10日間隔で5回行うことにより、みつ症の発生を軽減できる(図1)。
  5. みつ症の多発が予想される年は、未発生の9月上~中旬に樹冠外周部の食味良好な大玉果を収穫し、除袋せずに摂氏5度貯蔵することにより、食味等品質にほとんど問題なく、収穫から約1か月後まで出荷可能である(データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. 8~9月の潅水が過度になると、ていあ部の亀裂発生を助長する可能性があるので注意する。
  2. 資材による遮光処理は、遮光率22%以上になると果実品質が低下するので注意する。
  3. カルシウム剤散布の効果は樹、年次により差があり、とくに多発条件では効果が十分でないので土壌改良、潅水などの基本的管理を徹底する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012057
カテゴリ 乾燥 出荷調整 土壌改良 日本なし 良食味

この記事は