日本ナシ「晩三吉」の生育・成熟特性及び適正生育相

タイトル 日本ナシ「晩三吉」の生育・成熟特性及び適正生育相
担当機関 大分農技セ
研究課題名
研究期間 1997~2001
研究担当者
発行年度 2001
要約 日本ナシ「晩三吉」果実の後期肥大は降水量が多い方が良好である。果実の成熟所要日数は190~200日で、その積算温度は約摂氏4500度である。適正生育相はLAI1.5~2.0、着果枝の側枝齢4~7年生、側枝間隔70~80cm、1m2当り着果数が8果である。
キーワード 日本ナシ、晩三吉、生育相、成熟、LAI、側枝
背景・ねらい 九州の晩生ナシ栽培は、温暖な気象条件を活かした高品質果生産が古くから行われている。特に、「晩三吉」は貯蔵性にも優れるため、12~3月のナシ端境期に比較的有利な希少価値販売が行われている。しかし、本品種は長く地域特産的な品種であったため、「二十世紀」、「幸水」など全国レベルの品種に比べ研究蓄積に乏しく、科学的データに基づいた高品質・高収量安定生産という面では問題点が多い。そこで、「晩三吉」の高品質・高収量安定生産のための生育・成熟特性及び適正生育相を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 満開後90日以降の果実の後期肥大は、8月の降水量が多い方が良好で(図1)、後期肥大を良好にすることが大果生産のポイントである(データ省略)。
  2. 果実の成熟所要日数は190~200日で、その日平均積算温度は約摂氏4500度である(表1)。
  3. 高品質・高収量生産(糖度12、平均果重900g、10a当たり収量7t以上)のための適正生育相は、新梢停止期以降のLAI(葉面積指数)が1.5~2.0、着果枝の側枝齢が4~7年生、側枝間隔が70~80cm、1m2当たり着果数が8果である(表1、図2、図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 「晩三吉」の栽培技術指導資料として活用できる。
  2. 果重900g、糖度12、10a当り収量7tの目標値を安定的に達成するには、十分な土づくり等の基本管理の徹底が前提となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010012055
カテゴリ 栽培技術 日本なし 品種

この記事は