乳牛の削蹄作業を利用した簡易な肢蹄疾患診断票

タイトル 乳牛の削蹄作業を利用した簡易な肢蹄疾患診断票
担当機関 福岡農総試畜産研究所
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者
発行年度 2001
要約 乳牛の後肢外蹄の病変を集中的に診断・記録できる簡易診断票を作成した。この診断票を使用することにより、その牛の肢蹄疾患の重要病変を把握することができる。
キーワード 乳牛、肢蹄疾患
背景・ねらい 肢蹄疾患の予防のためには、まずその発生状況を把握する必要がある。しかし、乳牛の肢蹄疾患は起立した状態で診断することが困難で、特に蹄底部の疾患の発見には挙肢が不可欠である。そこで、肢蹄を挙肢した状態で観察することができる削蹄作業を利用して、より簡易に肢蹄疾患を診断・記録する方法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 乳牛の重度な蹄疾患は後肢外蹄に、関節周囲炎は後肢に多く発生する(表1)。このことから、後肢の関節および後肢外蹄を重点的に診断することで、調査対象牛の最も重要な肢蹄疾患を把握できる。
  2. 疫学手法による肢蹄疾患の調査結果から、図1に示す簡易診断票を作成した。診断が困難な蹄底部の疾患が診断票に指定した部位(3)~(6)に発生する割合は高いので、これにより疾患の発見が簡易にできる(表2)。
  3. この簡易診断票は、後肢外蹄の疾病発生部位を点線であらかじめ指定しており、(1)~(6)の順番に従って病変スコアを記入することにより、削蹄作業を活用した肢蹄疾患診断と記録が簡単に実施できる(図1)。
  4. 削蹄師は削蹄所見を、診療獣医師は治療所見を農家に伝達することができる。さらに農家自身が自己牛の肢蹄の健康状態を観察し、記録することができる。
成果の活用面・留意点 家畜衛生対策事業の「生産性向上対策」の一環として、乳牛の肢蹄疾患の早期発見、原因究明や防除対策の検討に活用することができる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011994
カテゴリ 簡易診断 削蹄 飼育技術 乳牛 防除

この記事は