イタリアンライグラス連作後の点播直播栽培における「ヒノヒカリ」の施肥法

タイトル イタリアンライグラス連作後の点播直播栽培における「ヒノヒカリ」の施肥法
担当機関 鹿児島県農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者
発行年度 2001
要約 イタリアンライグラス連作後における「ヒノヒカリ」の打込み式湛水土中点播直播栽培においては、慣行分施体系の中間追肥を省略する必要がある。また、肥効調節型肥料を用いることで30%の減肥と施肥作業の省力化が図れる。
キーワード 水稲、点播直播、ヒノヒカリ、施肥法、肥効調節型肥料
背景・ねらい イタリアンライグラス後作の水稲栽培においては、すき込んだイタリアンライグラスに由来する肥料分が水稲の生育に倒伏等の影響を及ぼす。このため畜産地帯でもある南九州において良食味品種「ヒノヒカリ」の直播栽培を導入する際の大きな課題となっている。そこでイタリアンライグラスすき込み後における「ヒノヒカリ」点播直播栽培の施肥法を確立する。
成果の内容・特徴
  1. イタリアンライグラス残さのすき込み窒素含有量は10a当たり5.5kg程度で、部位別では茎基部に比べ根部が大きい(表1)。
  2. イタリアンライグラス連作3年目の「ヒノヒカリ」点播直播栽培では、収穫残さからの養分供給により茎数及び全籾数の確保が可能であるため、直播栽培における慣行分施体系の中間追肥を省略する必要がある(表2)。
  3. イタリアンライグラス連作3年目の「ヒノヒカリ」点播直播栽培では、肥効調節型肥料を用いることで、慣行分施体系に比べ30%減肥しても同程度の収量・品質が得られる。このことから、全量基肥施用による施肥作業の省力化が図れる(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 「ヒノヒカリ」の打込み式湛水土中点播直播栽培の普及指導資料として活用する。
  2. イタリアンライグラスの品種は「ワセユタカ」で、イタリアンライグラス+普通期水稲輪作での試験結果である。
  3. 水稲播種までには、イタリアンライグラスすき込みから1週間以上の期間を確保し、播種後は、落水出芽を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011972
カテゴリ イタリアンライグラス 省力化 直播栽培 水稲 施肥 播種 品種 良食味 輪作

この記事は