現地ほ場におけるキャベツ後水稲湛水点播直播栽培の実証

タイトル 現地ほ場におけるキャベツ後水稲湛水点播直播栽培の実証
担当機関 福岡県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者
発行年度 2001
要約 現地ほ場におけるキャベツ後ヒノヒカリの湛水点播直播栽培では、基肥窒素を慣行の移植栽培より2割減肥し、さらにキャベツ残さ由来の推定窒素量を減じた量とし、中干しを4日程度長くする技術を導入すると慣行の移植栽培と同等の収量・品質が得られる。
キーワード キャベツ後、点播直播栽培、ヒノヒカリ、中干し
背景・ねらい キャベツ後作における湛水点播直播栽培については、キャベツ残さのすき込み時期及び施肥法、代かき時期や播種時の水管理(1999年成果情報)及びヒノヒカリでの水管理法(2000年度)を明らかにしてきた。そこで、これらの新技術を現地ほ場において実証する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲生育期間中に供給されるキャベツ残さ由来の窒素量は、すきこみから入水までの日数と窒素残存率との関係を用いることにより推定できる(図1)。
  2. 小郡市赤川地区の10ha規模のキャベツと水稲の輪作体系において、
    1. 基肥窒素を慣行の移植栽培より2割減肥し、さらにキャベツ残さ由来の推定窒素量とする技術
    2. 中干しを慣行の移植栽培より強くする水管理技術
    を投入した結果、湛水点播直播栽培は収量・品質ともに慣行の移植栽培と同程度となり、既往の技術は有効である(表1,表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 露地野菜水稲の輪作体系におけるキャベツ後作でのヒノヒカリの直播栽培のための施肥法及び水管理技術として活用できる。
  2. 10a当たりのキャベツ残さ由来の窒素供給量は、すき込む前の残さ量(kg)×0.03(窒素含有率)×(キャベツの窒素残存率水稲収穫後の残存窒素率14%)で推定する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011965
カテゴリ キャベツ 直播栽培 水稲 施肥 播種 水管理 輪作体系

この記事は