長崎県の露地ビワにおけるベンズイミダゾール系薬剤耐性灰斑病菌の発生状況とその防除対策

タイトル 長崎県の露地ビワにおけるベンズイミダゾール系薬剤耐性灰斑病菌の発生状況とその防除対策
担当機関 長崎県果樹試験場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2000
要約 露地ビワの果実腐敗の主原因である灰斑病におけるベンズイミダゾール系剤耐性菌の発生は、約50%の圃場でみられ、検定した菌株の約40%が耐性菌株であった。その耐性菌に対してイミノクタジンアルベシル酸塩水和剤は有効である。長崎県果樹試験場・病害虫科
背景・ねらい 露地ビワ産地における果実腐敗の主原因である灰斑病菌について、現行の主防除薬剤であるベンズイミダゾール系薬剤に対する耐性菌の発生状況を明らかにする。また、その耐性菌に有効な防除薬剤を検討する。
成果の内容・特徴
  1. ベノミル100ppm以上で菌糸生育がみられたものを耐性菌とすると、ベノミル耐性ビワ灰斑病菌の発生は、17園中8園でみられ、検定した菌株の約40%が耐性菌株である。また、耐性菌株のうち約80%はベノミル1000ppmでも菌糸の生育がみられる(表1)。
  2. ビワ灰斑病菌のベノミル耐性菌株に対して、イミノクタジンアルベシル酸塩水和剤では、50ppmで、ほとんどの菌株の菌糸伸長を抑える(表2)。
  3. 現地の耐性菌発生圃場において、イミノクタジンアルベシル酸塩水和剤は、灰斑病による果実腐敗に対して高い防除効果を示す(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. ビワ灰斑病菌による果実腐敗の防除対策に活用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011869
カテゴリ 害虫 耐性菌 びわ 防除 薬剤 薬剤耐性

この記事は