耐裂果性小玉スイカ品種候補「久留米交1号」

タイトル 耐裂果性小玉スイカ品種候補「久留米交1号」
担当機関 野菜・茶業試験場久留米支場ウリ科野菜育種研究室(野菜・茶業研究所果菜研究部ウリ科育種研究室)
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 岩永喜裕
坂田好輝
森下昌三
杉山慶太
杉山充啓
菅野紹雄
発行年度 2000
要約 スイカ「久留米交1号」は、果皮が硬く物理的な耐裂果性を有する小玉スイカである。耐裂果性を有するため、機械選果が可能で、また輸送性も高い。果肉も硬く崩れにくいため、日持ちが良く、業務用にも利用可能である。野菜・茶業試験場久留米支場ウリ科野菜育種研究室(野菜・茶業研究所果菜研究部ウリ科育種研究室)
背景・ねらい 核家族化の進展などにともない、小玉スイカの需要が伸びるものと期待される。しかし既存の小玉スイカは収穫後の物理的な裂果が生じやすく、注意深く取り扱う必要がある。また、裂果し易いため、機械選果にも適さない。裂果を少なくするためには、物理的に耐性のある品種を育成する必要がある。そこで、耐裂果性で、品質にも優れる小玉スイカを育成する。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過
    昭和62年から耐裂果性素材の検索を開始し、平成2年に「マリンレッド」と耐裂果性素材「北京系C」とを交雑後、自殖・選抜を繰り返し、複数のF7世代を得、平成7年にそれらの組合せ能力検定を行った。その結果、高品質・耐裂果性で、育種目標をほぼ満たしたと考えられるF1組合せ(CW95-1×CW94-7)を得た(図1)。本系統およびその両親を、「久留米交1号」、「久留米1号」(CW94-7)および「久留米2号」(CW95-1)の名で、平成10年から特性検定試験ならびに系統適応性検定試験に供したところ、「久留米交1号」は、高品質・耐裂果性に優れることが認められた。
  2. 物理的な耐裂果性は従来の小玉スイカの約2倍と高く、耐輸送性にも優れる(表1)。
  3. 果実は小玉スイカとしてはやや大きい(表2)。成熟は「紅こだま」よりやや晩い。果形は球形で、果皮色は緑、鮮明な条斑が入り、果実外観が優れる。果皮は薄い。果肉は赤色、緻密で硬い。果肉が崩れにくいため、日持ち性が高い。糖度は「紅こだま」と同程度である。なお、収穫直後の果肉は硬いが、室温で3~10日保存後は、果肉硬度が減少し、シャリ感が向上する。空洞果は発生しない。種子は焦茶色で、やや大きい。
成果の活用面・留意点
  1. 青果用小玉スイカとして、全国の半促成から抑制作型に適する。
  2. 水分制御が難しい栽培条件では生理的裂果が生じる場合があるので、施肥及び土壌水分の急変を避ける。
  3. 低温期の栽培においては果肉が硬くなりすぎる場合があるので、適正作型で栽培を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011808
カテゴリ 育種 栽培条件 すいか 施肥 品種 輸送

この記事は