わい性インゲンのジベレリン処理による節間伸長促進に伴う収量・品質の向上

タイトル わい性インゲンのジベレリン処理による節間伸長促進に伴う収量・品質の向上
担当機関 熊本県農業研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者 石原稔郎
中島豪
白水武仁
発行年度 2000
要約 わい性インゲンの促成栽培、半促成栽培において、初生葉展開後の0.5~1.0葉期にジベレリン溶液5ppmを1回、生長点に2ml散布することで節間が伸長し、受光体勢が改善されることで、総収量が増加し、上物率が向上する。熊本県農業研究センター・天草農業研究所
背景・ねらい インゲンの促成栽培、半促成栽培では、収穫期間が長期に及ぶため生育後半での曲がり莢発生等の品質低下が問題になっている。曲がり莢、くず莢など下物発生要因は、肥切れ、乾燥などの栽培条件不良や品種の違い等があげられるが、莢伸長時における茎や葉への接触、受光体勢の悪化も要因と思われる。そこで促成栽培や半促成栽培など栽培期間が長期に及ぶ作型において、茎葉が込み合う等の受光体勢を改善するため、茎伸長効果の高いジベレリンをわい性インゲンに散布し、その処理効果と実用性について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 初生葉展開後の第1複葉が0.5~1.0葉期に、ジベレリン溶液5ppmを生長点に1回、2ml散布することで、節間、特に3節~5節の節間が伸長する(表1)。
  2. 上物・合計収量ともに増加し、上物収穫本数では無処理対比で119%、合計収穫本数では109%と増収し、上物率も向上する(表2)。
  3. 下物収量内訳では、処理区において曲がり莢、くず莢の発生本数が減少し、下物率が低下する(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. ジベレリン処理は、処理する葉期・濃度・回数等の使用方法を厳守する。
カテゴリ 乾燥 栽培条件 品種

この記事は