非破壊選果機選別ミカン(品質保証果実)に対する消費者の食味評価

タイトル 非破壊選果機選別ミカン(品質保証果実)に対する消費者の食味評価
担当機関 長崎県果樹試験場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2000
要約 品質保証がない果実の食味評価は「うまい」が約24%、「普通」が約65%であるのに対し、非破壊選果機選別ミカン(品質保証果実)では、「うまい」との評価が約67%と高い。また、自家用消費には外観より食味重視の傾向がある。長崎県果樹試験場・常緑果樹科
背景・ねらい 非破壊選果機で選別した外観が良好(優品程度)で品質が保証された果実、外観は劣る(良品程度)が品質が保証された果実、非破壊選果機で選別していない外観は良好(優品程度)だが品質の保証はない果実の展示・試食とアンケート調査によって、温州ミカンの品質(味)と果実外観に対する消費者の評価を明らかにする。なお、アンケート調査は、1998年、1999年11月上旬に長崎市で開催された「長崎県ふれあい農業祭り」会場において実施した。供試した温州ミカンは長崎県大村市産の「原口早生」である。
成果の内容・特徴
  1. 品質保証果実の食味評価は、「うまい」という回答が約67%で、品質保証がない果実では「うまい」が約24%、「普通」が約65%である(表1)。
  2. 外観と食味に基づく評価では、贈答用には、外観・品質(味)とも優れたものを購入するという人が約85%、自家用には、外観はやや劣っても味が保証されているものを購入するという人が約60%で、外観、味とも優れたものをという人は20%未満と少ない(表2)。
  3. ミカンを購入するとき最も重要視する項目では、味と回答した人が男女とも40%弱で最も多く、次いで鮮度と回答した人が多い。価格と回答した人は女性が男性よりやや多い(表3)。
成果の活用面・留意点 非破壊選果機を活用した選果・出荷時の参考資料として活用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011770
カテゴリ 温州みかん 出荷調整 良食味

この記事は