施設栽培カンキツ「天草」の根域制御と透湿性シートマルチによる品質向上

タイトル 施設栽培カンキツ「天草」の根域制御と透湿性シートマルチによる品質向上
担当機関 宮崎県総合農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 福元博
黒木重文
荒武貴浩
発行年度 2000
要約 黒ボク土壌の施設内に栽植された「天草」は、根域を制御する高畝び高畝根域制限栽培に透湿性シートマルチを併用することで、適度な水分ストレスが付与され糖度が上昇するとともに着色が促進され品質が向上する。宮崎県総合農業試験場・果樹特産部・常緑果樹科
背景・ねらい 豊産性で果皮色の赤橙色が鮮やかな中生カンキツ「天草」は、施設栽培により年内収穫が可能で年末の贈答用としての需要が望める有望な品種として、宮崎県では徐々に栽培が拡大している。そこで、より高い付加価値を付与するため高畝及び高畝根域制限栽培に透湿性シートマルチを併用し、増糖と着色促進効果による果実品質の向上を図る。
成果の内容・特徴
  1. 今回試験した根域制御法は、幅1.5m、高さ0.5mの高畝栽培と、その改良型で高畝でさらに側面部を止水シートで遮根し、底部は防根シートを敷設した高畝根域制限栽培の2種類である。
  2. 根域を制御する方法での増糖効果は、高畝栽培のみでは低く、高畝根域制限栽培では高い(表1、表2)。
  3. いずれの栽培形態でも透湿性シートのマルチ処理で酸含量への影響もなく安定的に糖度が上昇する。また、着色も透湿性シートマルチを利用することで促進され、本来鮮やかな果皮色がさらに濃くなり、高級感が増す(表1、表2)。
  4. 透湿性シートマルチの着色促進効果は、外なり果より内なり果で高い(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 過度の水分ストレスは樹勢の低下につながるので、適度な土壌水分を維持し健全樹の育成に努める。
  2. 透湿性シートは、かん水装置等の整備された施設栽培で利用することで、効果がより発揮でき安定的に高品位な果実を生産することができる。
  3. 透湿性シートの着色促進効果は内なり果で高いので商品率の向上に有効である。
  4. 根域制御栽培は黒ボク土壌等、糖度の上がりにくい土壌に限定する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011760
カテゴリ 施設栽培 着色促進 品種 その他のかんきつ

この記事は