コルヒチン処理によるカボス4倍体の作出とフローサイトメトリーを用いた倍数性検定

タイトル コルヒチン処理によるカボス4倍体の作出とフローサイトメトリーを用いた倍数性検定
担当機関 大分県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1999~2008
研究担当者
発行年度 1999
要約 多胚性であるカボスの胚をコルヒチン処理することにより、高率に4倍体を作出できる。また、培養1~2ヶ月後の幼植物の葉片でフローサイトメトリーを利用した倍数性検定が可能である。大分県農業技術センター・生物工学部
背景・ねらい カボスは、その果実中に多くの種子をもつため、数種の無核系品種が育成されている。しかし、これらの品種は有核系品種と比較して、貯蔵性や品質の面で劣り、優良系統由来の無核系品種の作出が求められている。そこで、濃緑で貯蔵性の良い優良系統「豊のミドリ」由来の3倍体利用による無核系品種を育成するため、その交配親となる「豊のミドリ」4倍体をコルヒチン処理により作出するとともに、倍数性検定におけるフローサイトメトリーの利用及び検定時期について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 無菌的に摘出した胚をコルヒチン溶液(0.2% Colchicine,2% DMSO)に浸漬処理し、MT培地で培養することによって、4倍体を作出できる(表1)。
  2. コルヒチン処理時間は、4倍体及びキメラの発生率から24時間が適当である(表1)。
  3. 胚の培養にはMT培地(Malt Extract 400mg/l,Adenine 40mg/l,Sucrose 30g/l,Gellan Gum2.0g/l,pH5.8)を用い、発根を認めたらMT培地(Sucrose 30g/l,Gellan Gum 2.0g/l,pH5.8)に移植する。
  4. フローサイトメトリーによる既知の4倍体(2n=36)の葉を用いた倍数性検定では、既知の2倍体(2n=18)の2倍の蛍光強度にピークが得られる(図1)。
  5. 培養容器中の幼植物体及び馴化鉢上げした個体でのフローサイトメトリーによる倍数性検定では、両者に蛍光強度の位置に差がなく、コルヒチン処理後1~2ヶ月程度で検定が可能である(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. カボス3倍体作出における交配親(4倍体)の作出、選抜に活用できる。
  2. 最終的な倍数性の決定は、検鏡による倍数性検定と併せて行う必要がある。
  3. フローサイトメトリーによる倍数性検定の方法は園芸学会九州支部研究集録第7号、21ページに準ずる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011658
カテゴリ かぼす 品種

この記事は