近赤外分光分析法によるソバ粉成分の簡易迅速測定

タイトル 近赤外分光分析法によるソバ粉成分の簡易迅速測定
担当機関 資源作物研究室
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者
発行年度 1999
要約 近赤外分光分析法により、ソバ粉中の水分・脂肪・蛋白質含量が、簡易・迅速・非破壊的に測定できる。九州農業試験場・作物開発部・上席研究官、資源作物研究室
背景・ねらい ソバは、日本人の嗜好にあった、機能性の高い、すぐれた食品原料であり、水田利用に適した作物として注目を集めている。育種や加工の現場においては、選抜・品質管理の効率化のため、ソバ粉中の成分含量の簡易迅速測定が望まれる。さまざまなソバの品種・系統(各種2圃場でのランダムブロックデザインによる繰り返し栽培(表1))に適応可能な、近赤外分光分析法によるソバ粉の水分・脂肪・蛋白質含量の簡易迅速測定法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. ソバ・ダッタンソバをブラベンダー・テスト・ミルで製粉し、標準カップに充填して近赤外スペクトルを測定する。
  2. 平成8年産ソバを用いての近赤外分光分析について、ソバだけを試料として得た成分推定式(キャリブレーション式、検量線)を、ソバ・ダッタンソバを込みにした試料に適用すると、ソバだけに適用した場合よりも、予測(プレディクション)の推定誤差(SEP)が、若干大きくなる(表2)。ソバ・ダッタンソバを込みにした試料で得た成分推定式を、ソバのみ、およびソバ・ダッタンソバ込みの試料に適用しても、精度の低下はない(表2)。
  3. 平成8年産のソバ・ダッタンソバ込みで算出したキャリブレーション式を平成9年産のものの推定に用いた場合、ずれ(バイアス)やゆがみ(スキュー)の問題があるが、成分含量の相対的な大小関係は推定できる。さらに、バイアス補正すると、予測の推定誤差は、水分:0.15、脂質:0.10、蛋白質:0.44%となる。
  4. 平成9年だけのデータで解析すると、予測の推定誤差は、水分:0.23、脂質:0.10、蛋白質:0.30%となる。
  5. 平成8年と平成9年を統合して解析すると、予測の推定誤差は、水分:0.15、脂質:0.10、蛋白質:0.39%となる(表3、図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 近赤外分析器は、広く導入されており、この方法で得た成分値を指標に用いると、育種選抜、流通過程の品質評価、製造工程の品質管理の効率が向上する。
  2. 近赤外分光分析法は、一般成分の分析に非常に有効な方法であり、ソバ粉中の主要3成分が、数秒で高い精度で推定できる。
  3. 年次変動によるずれ(バイアス)やゆがみ(スキュー)の問題があるが、相対的な成分含量の概要は把握できる。
  4. より幅広い集団に適用可能な成分推定式が確立には、データの蓄積が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011652
カテゴリ 育種 加工 機能性 近赤外分析 水田 そば 品種 ラベンダー

この記事は