重粘土畑基盤整備圃場における夏播きニンジンの高性能機械化体系

タイトル 重粘土畑基盤整備圃場における夏播きニンジンの高性能機械化体系
担当機関 長崎県総合農林試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 重粘土畑の基盤整備圃場における夏播きニンジン栽培は、長崎農試型テープシーダや乗用管理機、自走式ニンジンハーベスタ等の高性能農業機械を用いることにより、作業時間は10aあたり約43時間と、慣行に比べ約60%の省力化となり、軽作業化も可能となる。長崎県総合農林試験場・経営部・機械施設科
背景・ねらい 重粘土畑基盤整備実施圃場における夏播きニンジン栽培の省力・軽作業化を目的として、従来の手作業、歩行型を中心とした作業体系に代わる高性能農業機械による一貫作業体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 乗用型を中心とした機械化体系で、トラクタは30kw(40ps)級を使用し、播種はシードテープを用いる。管理作業は乗用管理機、収穫作業は自走式ニンジンハーベスタ、選果・出荷は共同選果施設で行う体系である。
  2. 基盤整備圃場ではマニュアスプレッダ、ブロードキャスタ等を用いることで、圃場準備の作業時間を約3h/10aと慣行の約37%になる。
  3. 播種は長崎農試型テープシーダ(乗用管理機装着型)で畦立て同時播種を行う。シードテープ+灌水で間引き作業が省略できる。
  4. 管理作業は乗用管理機+3連ロータリカルチ+培土板を用いて中耕、培土を行い、乗用管理機+ブームスプレーヤによる防除を行うことで、慣行の約13%になる。
  5. 収穫・運搬作業は自走式ニンジンハーベスタによる一方掘りを行うことで、作業時間は22h/10aと慣行の約60%になる。
  6. 高性能機械化一貫体系を導入し、共同選果施設による選果・出荷を行うことで全作業時間は約43h/10aとなり、慣行の約40%になる。
成果の活用面・留意点
  1. 播種後、安定した発芽を得るためには、キリワラ散布+灌水(15mm程度)を行う必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011632
カテゴリ 機械化 機械化体系 経営管理 出荷調整 省力化 にんじん 播種 防除

この記事は