バナナツヤオサゾウムシの周年経過

タイトル バナナツヤオサゾウムシの周年経過
担当機関 沖縄県農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 バナナツヤオサゾウムシ成虫は周年発生が見られ、4~6月が多く、幼虫、蛹は3~6月に多く夏期にはほとんど発生は見られない。定温での飼育では、摂氏25度での発育速度が最も速く、摂氏28度では発育が遅延する。沖縄県農業試験場・病虫部・害虫研究室
背景・ねらい バナナツヤオサゾウムシ(Odoiporus longicollis)は、沖縄県におけるバナナの重要害虫である。本種の幼虫や蛹はバナナの仮茎内に生息するため、薬剤防除は困難であり、防除対象は成虫に限定される。そこで、本種の周年経過を調査し、防除適期としての成虫発生期を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. バナナツヤオサゾウムシ成虫は、仮茎と葉柄の隙間、仮茎の表面が傷つき多湿になった部位や幼虫の食入跡に生息する。成虫は年間を通してみられるが、4~6月に多くなる傾向がある。幼虫と蛹は3~6月に多く、7~11月にはほとんど発生は見られない(図1)。
  2. 摂氏19~28度までの4段階の温度による飼育では、卵から羽化までの発育速度は摂氏25度で最も速く、発育期間は40.6日である。摂氏28度での発育期間は43.3日で幼虫に発育遅延が見られる(図2)。
  3. 成虫の防除適期は、成虫は見られるが幼虫、蛹の発生の少ない7~11月である。
成果の活用面・留意点
  1. 成虫防除のための基礎資料とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011598
カテゴリ 害虫 バナナ 防除 薬剤

この記事は