大分県のカンショから単離したSPFMVの新系統(SPFMV-JC)

タイトル 大分県のカンショから単離したSPFMVの新系統(SPFMV-JC)
担当機関 九州農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者
発行年度 1999
要約 大分県のカンショから単離したSPFMVの系統は、既知系統(SPFMV-S、O、T)と異なる特性を示し、我が国においてこれまで報告されていないSPFMVの新系統であることが明らかとなったため、SPFMV-JCと命名する。大分県農業技術センター・生物工学部
背景・ねらい サツマイモ帯状粗皮病の防除対策として、弱毒ウイルスの利用を検討しているが、これを進めるために弱毒ウイルスと既知系統との識別法を確立する必要がある。そこで、RFLP-RT-PCRを大分県のカンショから単離したSPFMVの系統に適用し、既知系統であるサツマイモ斑紋モザイクウイルス強毒系統(SPFMV-S:以下Sと略す)、普通系統(SPFFMV-O:以下Oと略す)、徳島系統(SPFMV-T:以下Tと略す)との識別を試みた。
成果の内容・特徴
  1. 大分県のカンショから単離したSPFMVの3系統は、BamH[I]、EcoRⅠを用いたRFLP-RT-PCRで、SPFMV-S、O、Tと同様のRFLPパターンを示す(以下5-S、5-O、5-Tとする)(図1)。
  2. 5-Tは、アサガオへの接種試験でS、O、Tと異なる症状を示す(図2)。
  3. 5-Tは、Xho[I]で既知系統と異なるRFLPパターンを示す。
  4. 5-Tは、S、O共通プライマーによるRT-PCRで、Tでは存在しないバンドが検出される(図3)。
  5. 5-Tは、外被タンパク質のアミノ酸配列で、諸外国で報告のあるSPFMV-C、SPFMV-CH2およびSPFMV6とそれぞれ90%以上の高い相同性が認められる反面、SPFMV-S、O、Tとは独立したグループに属する。
  6. 5-Tは、我が国での報告例がないSPFMVの新系統であり、SPFMV-JCと命名する。
成果の活用面・留意点
  1. RFLP-RT-PCRは九州農業研究成果情報第13号431ページに、RT-PCRは同第10号425ページに準ずる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011592
カテゴリ あさがお かんしょ 防除

この記事は