4・5月出荷用スイートコーンの適品種

タイトル 4・5月出荷用スイートコーンの適品種
担当機関 沖縄県農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1999
要約 4・5月出荷のスイートコーン品種として、イエローコーン系では「FS-702」と「イエロークイーン」が有望である。バイカラー系については、該当する適品種は選定できなかった。
背景・ねらい 亜熱帯の沖縄では、1~2月中旬に収穫するレタス後圃場(全面マルチ)を利用し、4・5月出荷用スイートコーンを栽培生産することで農業所得の増加が見込まれる。そこで穂重が重く、先端不稔の少ない食味に優れた、4月下旬から5月上旬の県外出荷に適したイエロー系およびバイカラー系スイートコーンの品種を選定する。
成果の内容・特徴
  1. 供試品種32点の中で、穂重・先端不稔・食味の面から総合的に判断し、有望品種としてイエロー系2品種を選定した。
  2. イエロー系品種
    1. 「FS-702」は、現在本県で主流を占めている「キャンベラ86」および「キャンベラ90」より穂重が重く、L級以上の大果の占める割合が高い。甘みは「キャンベラ90」と同程度あり、先端不稔はキャンベラより少なく軟らかい。「キャンベラ86」および「キャンベラ90」に代わる品種として有望である。
    2. 「イエロークイーン」は、供試品種中で最もA品率の高いバイカラー系の「トップコーン」に次いで高く、穂重も重い方でL級以上の大果率も高い。甘さに若干欠けるが軟らかく、「キャンベラ86」および「キャンベラ90」に代わる品種として有望である。
  3. バイカラー系品種
    1. 現在本県で主流を占めている「カクテル600」より総合的に優る品種として、「アメリカンカーニバル95」があるが、現在市場で最も優先される形質である穂重およびL級以上の大果の占める割合が低く、有望品種として上げるには少々難がある。したがって今回は、バイカラー系有望品種を選定することはできなかった。
成果の活用面・留意点 風当たりの強い圃場では、防風垣を設置する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011525
カテゴリ 亜熱帯 カラー 出荷調整 品種 良食味 レタス

この記事は