連続ペーパーポットを用いた露地栽培葉ネギの省力周年栽培における適品種と栽植様式

タイトル 連続ペーパーポットを用いた露地栽培葉ネギの省力周年栽培における適品種と栽植様式
担当機関 大分県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 露地栽培葉ネギの夏及び秋どり用品種には「鴨頭」、冬どり用品種には「T-1スリム」が適する。連続ペーパーポット1穴当たりの播種粒数は8粒とする。栽植様式は畦幅150cm、条間25cmの4条植えとする。大分県農業技術センター・野菜部
背景・ねらい ネギの育苗は多くの面積を必要とするほか、播種、苗取り、定植には多くの労力を要するため、これらの作業の省力化が葉ネギの生産拡大のために必要である。そこで、育苗、定植作業の省力化に有効な連続ペーパーポットを利用した葉ネギの移植栽培技術を検討し、周年栽培技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 夏どり及び秋どり作型には、「鴨頭」が多収で草丈も大きく適している(表1)。
  2. 冬どり作型には「T-1スリム」が品質、収量とも優れ、倒伏しにくく適している(表1)。
  3. 連続ペーパーポットCP303一穴当たりの播種粒数は8粒がよい(表2)。
  4. 栽植様式は、畦幅150cmで条間25cmの4条植えとする(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 育苗期間が長くなると根がからみ定植作業が難しくなるので、育苗は雨よけ栽培で30日程度とする。
  2. 活着促進のため、乾燥時には定植直後に株元に潅水を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011516
カテゴリ 育苗 乾燥 栽培技術 省力化 生産拡大 ねぎ 播種 品種

この記事は