イタリアンライグラスの省力散播播種機

タイトル イタリアンライグラスの省力散播播種機
担当機関 福岡県農総試
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 耕うんと同時にイタリアンライグラス種子を播播する省力散播播種機を開発した。この省力散播播種機を利用することで、播種作業時間の短縮と播種精度の向上を図ることが可能である。福岡県農総試・畜産研究所・飼料部・飼料作物研究室
背景・ねらい 酪農経営では、飼養規模の拡大に伴い自給飼料調製の労力不足や労働荷重などの問題が顕在化しており、粗飼料の栽培・収穫作業の省力化が緊急な課題として強く求められている。収穫作業は、ラップサイレージ調製体系や大規模バンカーサイレージ調製により作業効率化が図られてきているが、播種作業の省力化はほとんど進展していない。そこで、播種作業の省力化を図るため、ロータリの上部に取付けて耕うんと同時にイタリアンライグラス種子を散播する省力播種機を開し、播種作業での実用性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲移植同時薬剤散布機(K社製品)を改造しイタリアンライグラス種子をロータリ幅(1.5m)に均一播種できる省力散播播種機をK社と共同で開発した(図1、図2)。
  2. 省力散播播種機本体の大きさは幅120cm、奥行18cm、高さ40cmの小型で、動力はトラクタのバッテリーから取っているため、トラクタの馬力に関わらずロータリの上部に取り付けるだけで耕うん作業を行いながら同時に播種作業が出来る。
  3. 種子の播種量は、目皿の回転数を増減させることによりコントロールすることができる。また、少量の播種でも、目皿直下に設置した種子拡散フィンによりロータリ幅いっぱいに種子を均一播種することができる。
  4. 1区あたり7aの試験圃場における播種試験では、手播きでの耕うん播種作業時間を100とした場合、省力播種機では71となり、作業時間短縮が可能である(表1)。
  5. 省力散播播種機の播種精度は高く手播き播種や散粒機播種に比べ均一な播種が可能である。また、乾物収量は手播き播種や散粒機播種と同等以上である(表1、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. イタリアンライグラス播種作業の播種精度向上と省力化を図ることが出来る。
  2. スーダングラス等の草種についても適応可能であるが、種子の大きさに応じて目皿を交換する必要がある。
  3. 尾輪のないロータリでは、取付け金具等の加工が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011450
カテゴリ イタリアンライグラス 加工 経営管理 省力化 飼料作物 水稲 乳牛 播種 薬剤

この記事は