ウシ胚の性判別技術におけるサンプリング手法とダイレクト法による凍結胚の受胎性

タイトル ウシ胚の性判別技術におけるサンプリング手法とダイレクト法による凍結胚の受胎性
担当機関 長崎県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者
発行年度 1999
要約 PCR法によるウシ胚の性判別技術において、PCR用サンプルとしてAランク胚の変性様細胞をバイオプシーし、移植用サンプルについては短時間培養後に凍結処理することにより、ダイレクト法でもIntact胚と同等の受胎率が得られる。長崎県畜産試験場・酪農科
背景・ねらい PCR法を用いたウシ胚の性判別技術は、判別率の高さ、判定の正確度及び新鮮胚移植の受胎率等から実用化に最も近い技術であるが、胚の一部をバイオプシーするため、とくに凍結胚移植では受胎率が低下し、普及の障害となっている。このため、凍結胚の受胎率向上を目的に、Aランク胚の変性様細胞をPCR用サンプルとして採取し、短時間培養後にダイレクト法で凍結処理した胚の移植試験を行った。
成果の内容・特徴
  1. PCR用サンプルの採取にあたり、先端部を加工したパスツールピペットを使用することで、変性様細胞のようにごく微量のサンプルでも比較的容易に採取することができる(図1)。
  2. 変性様細胞でも性判別は可能であり、正常胚の10%程度を採取した場合と比較しても判別率に差はない(表1)。
  3. Aランク胚の変性様細胞をバイオプシーした移植用サンプルは、短時間培養後に凍結処理することで、ダイレクト法でもIntact胚と同等の受胎率が得られる(表2)。
  4. 性判別結果と産子の性の一致率は92.3%であった(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 種雄牛造成や牛群改良に活用できる。
  2. 変性様細胞をサンプルとして用いると反応が微弱になる場合があるので、雄特異的バンドの有無を注意深く観察する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011437
カテゴリ 加工 受胎率向上 乳牛

この記事は