スーダングラスおよびスーダン型ソルガムのロールベール調製技術

タイトル スーダングラスおよびスーダン型ソルガムのロールベール調製技術
担当機関 大分県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 スーダングラスHSK-1、ウルトラソルゴーがロールベール調製に適する。また、梱包型式では可変径型が発酵品質良好である。梱包時水分は55~65%で調製すると養分ロスが少なくサイレージ発酵品質も良好である。大分県畜産試験場・草地・放牧経営部
背景・ねらい 現在の畜産経営では労働力不足や飼養規模の拡大に伴い、省力的自給飼料生産が課題となっており、本県においてもロールベール体系の導入が進められている。しかしながら、飼料作物の作付け体系として冬イタリアン、夏トウモロコシ・ソルガムが中心であり、夏期にロールベーラが十分に稼働していない。そこで、ロールベーラで調製可能な夏作物としてスーダングラス及びスーダン型ソルガムについて調製方法、品種特性等を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 品種比較試験の結果から、 HSK-1、ウルトラソルゴーは収量性に優れ、また稈の太さや柔軟性からロールベール調製に適する(表1)。
  2. ロールベーラの梱包型式は可変径型が定径型に比べサイレージ発酵品質が良い(表2)。
  3. 梱包時の水分含量を55~65%の中・低水分域に調製すると排汁による養分ロスが少なく、発酵品質も良好である(表3、表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象としてはロールベーラを有し、夏作物の調製にロールベーラを利用していない畜産農家。
  2. 定径型で梱包する場合、ラップの巻数は2/3重の3回巻以上で発酵品質が良好である。
  3. 播種量はロールベーラでの梱包のしやすさから10a当たり8kg程度とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011427
カテゴリ 経営管理 飼料作物 ソルガム とうもろこし 播種 品種

この記事は