イチゴ棚式育苗システム利用による葉菜類の液面上下式簡易水耕栽培装置

タイトル イチゴ棚式育苗システム利用による葉菜類の液面上下式簡易水耕栽培装置
担当機関 福岡県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 井手治
森山友幸
姫野修一
発行年度 1998
要約 イチゴ棚式育苗システムを利用して、液面を上下させて根部へ空気を供給する簡易水耕栽培法を開発した。高価な施設や培土を必要とせず、快適な作業姿勢でサラダナ、葉ネギ等の葉菜類の生産が可能である。福岡県農業総合試験場・園芸研究所・施設機械研究室
背景・ねらい 養液栽培は、管理・収穫作業の省力化および作業環境の快適化等の面から施設面積の伸びが期待されている。また、イチゴの棚式育苗システム利用では立ったままの楽な姿勢で作業できるため、他品目での活用が望まれている。このため、平成6年度に本システム利用による簡易水耕栽培法を開発した。しかし、この栽培法では育苗培土の経費が全生産費の8%を要するため、培土を必要としない更に簡易な水耕栽培法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. イチゴ棚式育苗用の架台の上にパネルと小型ポット(115cc)を装着し、ポットを栽培槽として液面の上下で根部に空気を供給する方式の簡易水耕栽培法を開発した。液面の上下は、水中ポンプでポット内の養液を強制的にポット下部から排出させて行う。強制排出時に、養液栽培において重要な根部への酸素供給が行われる(図1、図2)。
  2. 本栽培法は養液量が少ないため、空気供給に必要な液面の上下や加温を低コストで行うことができる。また、本栽培には主としてハウス用ビニル、ウレタンキューブ、ハウスバンド等の材料が必要であるが、材料費は慣行土耕栽培より約10%安く、水耕施設費は市販の養液栽培システムの約半分と安価である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 本システムは、パネル面を水平に設置する必要があるが、専門的な知識は不要であり、生産者自身で設置できる。
  2. 本システムには10a当たり1,800リットルのタンク容量が必要であり、パネル約100ごとにタンクを設置する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010011325
カテゴリ 育苗 いちご 省力化 水耕栽培 低コスト ねぎ 養液栽培

この記事は